t/Tのパワフルハーブティー

t/Tのパワフルハーブティー

レートじゃなくてどれだけ君に可笑しなもん見せてやるかに懸けてんだ。

【S5使用】DQNメガラグ feat.チョッキコケコ / ハイカラ雨【最高1947】

f:id:girahim3:20170912214833p:image

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plainf:id:girahim3:20170912045525p:plainf:id:girahim3:20170723005600p:plainf:id:girahim3:20170727023830p:plain

ラグラージ@ラグラージナイト

ニョロトノ@水Z

カミツルギ@気合の襷

カプ・コケコ@突撃チョッキ

ラティアス@拘りスカーフ

カエンジシ@マゴのみ

 

シーズン5で使用した構築になる。

f:id:girahim3:20170912024358j:image

最高レートは1947、最終レートは1882。シーズン3では偽装雨を使ったが今回はガチのヘンテコ雨パである。他の方の構築記事に比べれば結果は貧弱だが、珍しいアイデアを盛り込んでいるので良かったらゆっくり見ていってくだされ。

※この記事で頻繁に登場する『みががむ戦術』を知らない方はこちらの記事をご覧ください!非常にわかりやすく参考になります!!

mose-cat.hatenablog.com

 

パーティ完成までの経緯

※飛ばして貰って構いません

メガと非メガを戦略的に使い分けるポケモンが楽しそう!主軸に置きたい!!

今まで筆者が使ってきたメガ枠はf:id:girahim3:20170913231504p:plainであったりf:id:girahim3:20170913232237p:plainであったりf:id:girahim3:20170913232319p:plainであったり…登場するや否やメガ進化するような子が多かった。

その為、f:id:girahim3:20170913232400p:plainとかf:id:girahim3:20170913232720p:plainみたいに戦略的にメガを切り替える子に憧れを抱いていたのである。そんなギミックを何か使いたい…!!

筆者が目をつけたのはラグラージである

メガ前は鈍足サポート型として、メガ後は雨パのすいすいエースとして全く違う2つの顔を持つラグラージでメガ切り替えギミックを作れば面白いんじゃないか…。

発想のトリガーになったのは六世代から構想にあった『みががむ戦術×雨パ』そして遥か古の第3世代の対戦環境で猛威を振るったと言われるDQNラグラージである。

ラグラージ採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plain

 

雨始動役

シーズン3でペリッパー使ったので気分を変えるためニョロトノで(適当)

というのもあるが、ちゃんとした理由は滅びの歌の存在バトン対策になりみががむとの相性も非常に良い。ペリッパーに欲しい襷も余りそうになかった。

脱出ボタン型はプレイングの幅が狭まる為使い辛いと思い、対面でミミッキュに勝てる凍風ミズZ型を連れてきた。

水Zニョロトノ採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plain

 

がむしゃらで残ったHPを美味しく刈り取れるアタッカーが欲しい

雨パに出てきやすいレヒレナットに強く、先制技、ビーストブーストを持つカミツルギが適任。バシャの流行もあり襷とサイコカッターを持たせる。

サイカ真空波カミツルギ採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plain

 

コケコ、マンダ、ゲッコウガ、リザY、水全般に強い奴が欲しい

特に草結びでトノラグの一貫を取ってくるコケコやゲッコウガは対策必須。こいつらに後出し安定する子が欲しい。

チョッキカプ・コケコ採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plainf:id:girahim3:20170912045525p:plain

 

マンダバシャリザがまだちょっと重い

積んだこいつらを仕留められて、みががむでHPミリまで疲弊したラグラージや襷の潰れたカミツルギを回復できる神ポケを発見。

スカーフ癒しの願いラティアス採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plainf:id:girahim3:20170912045525p:plainf:id:girahim3:20170723005600p:plain

 

の一貫ヤバイ

f:id:girahim3:20170914012302j:image

ミミッキュギルガルドの専門家を呼んであるからな(準備万端)

カエンジシ採用

f:id:girahim3:20170912201952p:plainf:id:girahim3:20170912215100p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plainf:id:girahim3:20170912045525p:plainf:id:girahim3:20170723005600p:plainf:id:girahim3:20170727023830p:plain

重かったナットレイクチートにも強く最後の枠に適任。

完成!

一見雨パの天敵キノガッサが重そうに見えるが、コケコのマジシャ+電光石火カミツルギのサイコカッター+真空波岩石封じで抜けないラティアスとしっかりマークしている。

 

個別解説

 

f:id:girahim3:20170912211843g:plain

ラグラージ(NN:めぐねえ)

@ラグラージナイト

性格:陽気

メガ前:205(236)-131(4)-112(12)-×-117(52)-116(204)

メガ後:205-171-132-×-137-127

滝登り/地震/がむしゃら/身代わり

 

調整先

H:205調整(地球投げを身代わりが耐える)

HB:メガ前不一致イカサマ確定耐え

HD:メガ後C4ポリ2のトライアタック最高乱数切り耐え

S:雨下スカーフ最速ガブ抜き

 

第3世代の対戦環境で猛威を振るったと言われるDQNラグラージ(文献:

ラグラージ)のアレンジ版。

みががむ戦術におけるカムラのS逆転ギミックを、雨下でのメガ進化で再現した。

非メガ状態で上から一撃受けて下からがむしゃら、殴るタイミングでメガ進化してすいすい発動、上から落とす。次の相手にも上からがむしゃらが通る。

幅広い範囲を相手にできる雨エースに仕上がった。カムラと違い一度引いても高いSを維持できるのも良い。 

雨を使わなくてもみががむ使いとして高い汎用性を誇る。必ずしもニョロトノを同時選出する必要がないので柔軟な選出が可能。

対高耐久は特に優秀。例えば呼ぶポリ2の大抵の攻撃を身代わりが耐えるので、居座ってくれるだけでみががむで1.9匹落とせる。 

逆も然りでみががむを使わなくても雨エースとして十分活躍できる。

陽気HS振りだが火力不足を感じる場面は少なく、素早さと耐久に振られたことによる安定感を実感する場面の方が多い。(スカーフ最速ガブや破った準速パルシェンを抜いたり、特化ミミッキュのZ戯れつく+戯れつくを耐えたり…)

打てて、守れて、走れて、繋げられて、何よりエンターテイナー。最高の4番打者だった。

 

f:id:girahim3:20170912215148g:plain

ニョロトノ(NN:とおど)

@ミズZ

性格:図太い

173(60)-×-132(196)-117(52)-121(4)-115(196)

特性:雨降し

ハイドロポンプ/凍える風/滅びの歌/守る

 

調整先

HB:特化ミミッキュZ戯れ+影打ち確定耐え
S:凍える風で準速メガマンダ抜き

 

自慢の調整の図太いBS水Zニョロトノ

特化ミミッキュのフェアリーZ→影打ちを耐えて、凍える風Zハイドロポンプで落とすアクティブなニョロトノ。脱出ボタン想定なのか剣の舞から入ってくる相手も多く、その場合は無償突破。 

滅びの歌はみががむラグラージと相性が良く
・滅び→身代わり連打
・みががむで残ポケ差をつける→滅び

という流れを取れる。

 

f:id:girahim3:20170912203610g:plain

カミツルギ(NN:クサカリバー)

@気合の襷

性格:無邪気

134-233(252)-151-80(4)-45-177(252)

特性:ビーストブースト(A上昇)

リーフブレード/聖なる劔/サイコカッター/真空波

 

PTのお掃除役にしてエース。選出率トップ。レヒレやナットなどの雨パ対策ポケモンキラー。

カミツルギが勝てない相手をみががむで強引に削って全抜きという流れが非常に強かった。

襷のおかげでバシャやゲッコウガルカリオカミツルギミラーに対面で勝てるのが強い。ブーストしていればコケコやスカーフテテフも返り討ち。

サイコカッターという技が本当に優秀。バシャガッサフシギバナ、今季多かったモロバレルにも強くなれ、サイコフィールドがあれば強化され、いざという時は急所に当たる。強い(確信)

真空波はみががむで残ったミリのHPを刈り取るのに使う他、襷ガッサパルシェンの対策にもなった。

一時期ボーマンダで完全に止まってしまうのを嘆き、真空波めざ氷にしようかと真剣に悩んだ(ツルギだけに)

 

f:id:girahim3:20170912203053g:plain

カプ・コケコ(NN:サンダウナー)

@突撃チョッキ

性格:臆病

145-121-105-142(212)-108(100)-192(196)

特性:エレキフィールド

10万ボルト/マジカルシャイン/目覚めるパワー炎/電光石火 

 

調整先

D:テテフのサイキネが9.8%の低乱数2
S:最速ゲッコ抜き

 

自慢の調整その2、CSチョッキコケコ、雨パの天敵に軒並み強い。

ゲッコウガ、コケコ、リザY、水枠。ガッサやナットにもある程度役割を持てる。

ニョロトノに飛んでくるコケコやゲッコウガ、リザYの草技に後出しできるようにチョッキを持たせた。

またサイコフィールドで無ければ特化テテフのサイキネを2耐えできる為、スカーフとの対面を制せたり、後出ししたりできる。

スカーフじゃないテテフはフィールドを取られ対面で勝てないがカミツルギの餌なので寧ろ美味しい。

サブウェポンはナットに撃つめざ炎とパルガッサに勝てる電光石火を選んだ。このPTで先制技は活躍する機会が多い。

余談だがコケコの突撃チョッキは持ち物ランキング18位、全体の0.2%以下

補助技挑発くらいしか使わんしもっといても良くないか…

 

f:id:girahim3:20170912210049g:plain

ラティアス(NN:ロッタ)

@拘りスカーフ

性格:臆病

163(60)-×-111-158(220)-151(4)-173(220)

特性:浮遊

流星群/サイコキネシス/シャドーボール/癒しの願い

 

調整先

HD:特化テテフのムンフォが(25%)の低乱数1
C:シャドボで無振りテテフ超高乱数2
S:1舞準速マンダ抜き

 

ボーマンダバシャーモを見る枠にして、エースを癒すヒーラー。

舞った準速マンダや1加速バシャ、リザX、スカガブの上を取って仕留める。マンダは最速個体が多く安定しなかったのが残念。

一応スカーフと襷テテフにも有利な確率で勝てるように調整した。

メガが解禁されたこともありスカーフラティは全然警戒されず、多くのフェローチェゲッコウガ、ゲンガー、ミミロップが塵になった。

 

f:id:girahim3:20170912205108g:plain

カエンジシ(NN:ダンデイ)

@マゴのみ

性格:臆病

161-×-118(204)-136(52)-86-173(252)

特性:緊張感

火炎放射/がむしゃら/鬼火/身代わり

↓単体考察記事↓

型について詳しくはこっちみてね

ミミッキュギルガルドクチートの専門家。雨パを見て出てきやすいナットブルルにも強い。

この子にもみががむが搭載されており自分より遅いポケモンカミツルギの餌に仕立てられる。

ポリクチミミッキュの並びに非常に強く、1匹で降参に追い込むことも珍しくなかった。

 

選出パターン

基本選出は

『トノラグ+@1』雨の通りが良い場合

『みががむ要員+カミツルギ+@1』カミツルギの通りが良い場合

の2種類。

 

あとがき

レートは自分が目指していたラインに届かず、余りぬか喜びできる結果では無かった。 

マンダ、ブルル、ジャローダ、リザY辺りが重く、こいつらの対策をもう少ししっかりすれば上に行けたかもなあ…と思ってみたり。

『凄い美しいギミックを思いついた、しっかり結果出したるぞ!』と意気込んだのでちょっと残念。

構築完成当初の私

f:id:girahim3:20170914000011j:image

シーズン終盤の私

f:id:girahim3:20170914001711j:image

結果はともかく、使っていて楽しい構築ではあったので興味を持った方は参考にして頂けたら幸いです!

シーズン5お疲れ様でした!!最終シーズンも頑張りましょう!!!

【対ミミガルド】マゴみががむカエンジシ

f:id:girahim3:20170630031612p:image

カエンジシ@マゴのみ

性格:臆病

161-×-118(204)-136(52)-86-173(252)
特性:緊張感
火炎放射/がむしゃら/鬼火/身代わり

 

調整先

H:4n+1
HB:特化ミミッキュのじゃれつくを身代わりが最高乱数切り耐え

陽気メガマンダの捨て身確定耐え(〜99.3%)
C:H252D4ガルドを火炎放射で確定2(50.2%〜)
S:最速(準速メガマンダ抜き)

 

前書き 

ミミッキュのメインウェポンを唯一両方半減以下にできる…』という謳い文句でお馴染みのカエンジシ

S2以降シングルレート使用率1位をキープし「バランスブレイカー」と忌み嫌われるミミッキュに一方的に強いカエンジシ正義の炎である。

だが実際彼の姿をレートで見ることは少ない。何故か。もうお分かりだろう!!

f:id:girahim3:20170913010633j:image

だから筆者はします。そしてこの子がカエンジシの結論型だと胸を張って宣言する…!!

 

調整・技・持ち物の意図f:id:girahim3:20170913144425p:plain

まず最大の仮想敵であるミミッキュに関して圧倒的な信頼感が無ければカエンジシである意味は薄い。

 

カエンジシミミッキュに強いポイントは

ミミッキュ霊技を無効(影打ち含む)

ミミッキュ妖技を半減
ミミッキュより速い

鬼火を覚える、相手の鬼火無効

・緊張感できのみ無効→半回復実やラムのみが食えない

 

今回はこれらに加えて4つの調整を施し更に対ミミッキュ性能を強くした。

身代わり

強引なZ技での突破透かし

痛み分けや電磁波対策

トリルターンを身代わり連打で消費

Bにかなり厚い

剣の舞Z戯れつく確定耐え

特化戯れつくを身代わりが最高乱数切りで耐える

マゴのみ

呪い対策(2ターン分猶予が増える)

更なる耐久強化

がむしゃら

HPが少ないほど生きる技。呪いでの起点阻止を逆手に取る

 

この4つ。かなりの厳重体制である。その甲斐あってかミミッキュへの安定感は恐ろしい。

実際筆者はシーズン4・5と300戦ほどこの子を使い続けたが、選出した試合では1匹としてミミッキュに屈したことは無い。

まさに最強のミミッキュキラー。

 

他の役割対象

「使用率1位とは言えミミッキュ1匹に特化してもねえ…」という意見もごもっともである。

しかし驚くことにこの調整は他の役割対象を相手する際にも非常に噛み合っているのである。

※この項目の❶〜❹は前項のものと対応

 

【対ギルガルドf:id:girahim3:20170911173941p:plain

ミミッキュの次に重要な役割対象はギルガルドである。霊技への後出しを狙いたい。

この調整だとなんと見事なことにH252D4ギルガルド火炎放射で丁度確定2(50.2%〜)

身代わり

剣を釣り出して倒す。キンシ択で身代わりが残せれば放射×2で突破。影打ちも無効でこちらに分のある択ゲーを仕掛けられる。

毒ガルドを完封。

Bに厚い

特化聖なる剣を確定耐え(79.5〜94.4%)

身代わり+無振り聖なる剣を確定耐え(62.1〜73.2%)

→保険を警戒しないなら身代わり択すら不要。

マゴのみ

こちらに分があったキンシ択の回数を更に2回増やせる。

 

ボーマンダf:id:girahim3:20170913144852p:plain

対面でなら物理メガマンダを相打ちに近い状況まで持っていける。

準速マンダには上から鬼火が通り後述のみががむ展開に持っていけるので最速個体について考える。

Bに厚い

陽気A252メガマンダの捨て身確定耐え(〜99.3%)

マゴのみ

火傷した陽気メガマンダの捨て身(41.6〜50.3%)

つまり最速マンダに対しても、捨て身→マゴのみ→鬼火で2発受けることができる

鬼火+半回復実のコンボはシンプルながら強力で、本来受けることの厳しい物理ATの2発目を凌げる。

がむしゃら

そして2回の捨て身を受けたボロボロのHPをボーマンダにも押し付けるがむしゃら。火傷+HPミリで大抵相打ちか後続の先制技圏内である。

 

キノガッサカミツルギf:id:girahim3:20170913150602p:plainf:id:girahim3:20170912202322p:plain

Bに厚い

特化キノガッサのテクニマッパ(岩石封じ)確定耐え(72〜85.7%)

A252カミツルギ聖なる剣確定耐え(84.4〜99.3%)

マゴのみ

前述の鬼火+マゴのみの定理で2発目も耐えて火炎放射で1焼き

 

【こいつより遅い全てのポケモン

❶❹みががむ戦術

ポリ2やドヒドイデなどの耐久型は勿論、レボルトやギャラドスヒードランのようなATも身代わり連打→がむしゃらでHPを1に。後ろの先制技などで処理。

速い相手でも身代わりさえ残っていればみががむは可能。うーん強い。

 

その他にもクチート、ナット、カグヤ、ブルル、ハッサムには非常に有利。

 

あとがき

ミミッキュキラーとしてこれ以上無いまでに仕上がっている。みががむも使えて汎用性も高いので、皆さん是非一度試して欲しい。

この記事の他に有用なカエンジシの型があったら教えて頂けると幸いです。

終わり

生意気HDパワーレンズガルド【ジャイロボール】

 f:id:girahim3:20170806073818p:image

ギルガルド@パワーレンズ

性格:生意気(S個体値0)

【盾】165(236)-75(36)-170-70-220(236)-58

【剣】165-175-70-170-110-58

特性:バトルスイッチ

技:ジャイロボール/シャドーボール/影打ち/キングシールド

 

調整先

A:ジャイロボールで無振りコケコを高乱数2つ切って一発(97.9%〜)乱数1(87.5%)

D:11n

HD:特化ギルガルド[Zシャドーボール×1/4]+シャドーボール確定耐え(〜99.3%)

 

S:最遅

 

ジャイロボールの威力について

威力=(25×(相手の素早さ)÷29)+1

威力150…S173(最速106族)以上

威力146…S169(最速ガブリアス)

威力132…S152(準速100族)

威力126…S145(最速80族)

------抜群or弱保聖なる剣(120)の壁-------

威力116…S134(最速70族)

威力107…S123(最速60族)

------アイアンヘッド(104)の壁----------

威力91…S105(無振り85族)

威力82…S95(無振り75族)

------アイアンヘッド(80)の壁-------

威力69…S80(無振り60族)

威力61…S70(無振り50族)

------聖なる剣(60)の壁---------

 

*聖剣はタイプ一致換算

 

解説

シーズン5序盤に使用した変態型。

S降下ジャイロボールのアイデアは第六世代のこちらの記事を参考にしました(無断リンク失礼致します)

鉄球ジャイロボールギルガルド 育成考察 - ヤシロ色ブログ

上記の鉄球ジャイロガルドの強みであったガルドミラーにおける強さが七世代でも生きるように調整した型。‪上記の型では現在主流のゴーストZ特殊型に対面で勝てないが、HDに振ることでそれを克服した。

従来のギルガルドより、対f:id:girahim3:20170911173941p:plainf:id:girahim3:20170912045525p:plainf:id:girahim3:20170912045543p:plainf:id:girahim3:20170912045502p:plain性能が高い。

 

HDに振るメリット

⓪ブレードフォルムでしか努力値が活きないC振りと違い、耐久振りはどちらのフォルムでも努力値が行き届く。特にブレードフォルムが滅茶苦茶硬くなる

本来努力値種族値の低い箇所に振った方が効率が良い為、ブレードフォルムのDは伸びが大きい。 

D特化することでシールドフォルムが1.3倍、ブレードフォルムは1.6倍も硬くなる。今回の調整では剣が丁度盾の1/2の特殊耐久(重要)。不一致弱点程度は余裕で耐えるように。

一方C特化はシャドボで殴る時のみダメージが1.3倍になるだけ。どちらがお得かは瞭然。

この事に気づいて以降筆者は耐久ガルドしか使えない体になってしまった。

ギルガルドは耐久振りが至高だと声を大にして唱えたい。特に弱点保険型の場合はHPが残るか残らないかが火力よりも遥かに重要なのでオススメである。

 

ギルガルドミラーに非常に強いf:id:girahim3:20170911173941p:plain

相手のシャドボのダメージを抑えられる点、持ち物でSが半減していて必ず後攻が取れる点から有利。

キンシ→シャドボという動きで大抵のガルドに対処可能。

 

《特殊霊Zガルド》

霊Zの軽減ダメージ+通常シャドボを耐えるよう調整したので、急所に当たらなければ2ターン目に下からシャドボが通って勝てる。

ミラーで1ターン目悠長に通常シャドボ撃ってくる相手はいない。

 

《弱保ガルド》

シャドボが下から通って突破。

キンシとシャドボのいたちごっこが繰り広げられる可能性が高く、PPを増やすのは必須。

 

《襷ガルド》

C特化ガルドのシャドボ(〜66.6%)+A4振り影打ち(〜33.9%)を2連最高乱数(1/256)以外耐えるので大抵勝てる。ミラーに強いと名高い襷ガルド、恐るるに足らず。

追記:どうやらAC襷で結果を残された方がいるとのこと。そんなことしなくていいから。注意。

 

《物理ガルド(珠ラムゴーグル襷)》
シャドクロをキンシで防いで有利に。霊Zとか初手剣舞とかやめて。

 

《毒みガルド》

こちらのキンシに合わせて毒守ガルドに身代わりを置かれると辛いところ。

一応この子が無振りガルドのシャドボをほぼ2耐え[(43.6〜52.1%)乱数2(8.6%)]するので、相手の身代わりを残させない。

キンシで剣を釣り出されても一撃は耐える[(84.8〜101.8%)乱数1 (6.3%)]ので大丈夫。C振り身代わりガルドとかいう地雷には注意。

 

ゲッコウガに強いf:id:girahim3:20170912045543p:plain

ゲッコウガに採用される物理技には軒並み耐性があるので、Dに厚いこの子は総合的にゲッコウガに強い。例を挙げると 

《悪の波動》

ゲッコウガのZ悪の波動を耐える

C252ゲッコウガZ悪の波動(77.5〜92.1%)

つまり通常悪波2耐えできる

C252ゲッコウガ悪の波動(40〜47.2%)

剣なら通常悪波を耐える

剣へのC252ゲッコウガ悪の波動(77.5〜92.1%)

一方こちらのジャイロボールは

無振りゲッコウガへの等倍ジャイロボール(114.9%〜)確定1

うーん圧倒的有利。

 

《めざ炎》

珠めざ炎2耐え

C252ゲッコウガの珠めざ炎(39.3〜47.2%)

珠めざ炎を剣が耐える

剣へのC252ゲッコウガの珠めざ炎(76.9〜91.5%)

一方こちらの攻撃は

半減ジャイロボール(57.1〜68%)+珠ダメ(10%)+影打ち(31.2〜37.2%)=(98.3〜115.2%)

でほぼ落とせる

うーん圧倒的有利。

 

《ミズZ》

C252ゲッコウガZハイドロカノン(49〜58.1%)ハイドロカノン(36.3〜43.6%)=(85.3%〜101.7%)

ほぼ耐える。うーん化け物。

 

カプ・コケコに強いf:id:girahim3:20170912045525p:plain

《珠》

コケコのEF珠10万2耐え(40〜47.8%)

→剣が1発は耐える

 

《デンキZ》

EFボルトチェンジ(24.2〜29%)+EFZ10万ボルト(60.6〜71.5%)=(84.8〜99.5%)

一度ボルトチェンジで逃げられても役割が持てる

 

《眼鏡》

EF眼鏡ボルトチェンジ(36.3〜43.6%)+EF眼鏡10万ボルト(46〜55.1%)=(82.3%〜98.7%)

上に同じく。

 

一方こちらのジャイロボール(97.9%〜115.8%)乱数1(87.5%)

うーん強い

 

テテフをより確実に役割遂行できるf:id:girahim3:20170723003623p:plain

後出しが相当安定する。変な読み、持ち物、Dダウンすらケアできる。暫くダメ計まみれになるがご容赦くだされ。この子がいかに特防お化けか分かると思う。

《スカーフ》

剣が特化サイキネを2耐え

剣への特化サイキネ(41.8〜49.6%)

特化テテフのシャドボをDダウンや急所が一回あってもほぼ2耐え

特化テテフのシャドボ(33.9〜41.2%)

スカーフテテフが交換読みシャドボしようが余裕

 

《襷》 

襷臆病テテフのサイキネ+シャドボ×2を耐える

サイキネ(21.2〜25.4%)+ シャドボ(31.5〜37.5%)×2=(84.2%〜100.4%)

サイキネ+剣へのシャドボも耐える(挑発想定)

サイキネ(21.2〜25.4%)+剣へのシャドボ(61.8〜72.7%)=(84%〜98.1%

→襷テテフへの後出しも余裕

 

《眼鏡》

特化眼鏡サイキネ(31.5〜37.5%)+特化眼鏡シャドボ(50.9〜60.6%)耐え(82.4%〜98.1%)

 

エスパーZ》

 特化Zサイキネ+剣への特化サイキネ耐え

(40.6%〜48.4%)+(41.8%〜49.6%)=(82.4%〜98%)

剣への特化Zサイキネ耐え(81.8〜96.3%)

サイキネ+Zサイキネ+シャドボほぼ耐え

(19.3〜23%)+(36.9〜43.6%)+(31.5〜37.5%)=(87.7%〜104.1%)

 

《ゴーストZ》

サイキネ+Zシャドボ

(21.2〜25.4%)+(61.8〜72.7%)=(84%〜98.1%)

 

一方こちらのジャイロボールは言わずもがなの確定1。サイコショックとか考えたらこんなにテテフに強い子も中々いないと思うよ…

 

ジャローダに強いf:id:girahim3:20170912045502p:plain

C252リーフストーム+↑2リーフストーム+↑4めざ確定耐え

(12.7〜15.7%)+(25.4〜30.9%)+(47.2〜50.9%)=(85.3%〜97.5%)

一方こちらのジャイロボールが(80.6〜102%)+影打ちが(22.6〜28%)で確定

 

レボルトに強いf:id:girahim3:20170912051549p:plain

臆病レボルトの10万ボルト3耐え(〜33.3%)

→盾への10万ボルト+剣への10万ボルトを1回ずつ耐える

Z10万ボルト+10万ボルトを耐える

10万ボルト+悪巧み10万ボルトを耐える

 

❼高火力特殊弱点技を一撃耐えるf:id:girahim3:20170912051802p:plainf:id:girahim3:20170912051625p:plainf:id:girahim3:20170819074910p:plain

特化シャンデラオーバーヒート(88.4〜105.4%)乱数1(25%)

リザードンYの晴れ火炎放射

(88.4〜105.4%)乱数1(25%)

その他にはC124振りまでのメガゲンガーの状態祟り目=剣への通常祟り目を確定で耐えられる。

(まあ1発を耐えるだけなら襷ガルドの方が確実な訳だが…)

 

パワーレンズのメリットf:id:girahim3:20170912053020p:plain

S半減効果でジャイロボールの火力を倍近く上げられる

 

ギルガルドミラーで確実に後攻を取れる

 

トリル下での活躍

素早さ実数値29という圧倒的遅さ。

自らPTにトリルを組み込むのも良いが、相手のトリル展開への切り返しとしても使える。

トリルアタッカーの最遅亜ガラガラ、ローブシンが45、ドラミドロが44、オニシズクモが42と遠く及ばず。

更にトリル発動役のヨノワールが45、ドータクンが34、ヤドランが31とそれよりも遅く、発動役にシャドボで弱点を取りやすいこの子は対策として十二分である。

相手もガルドがここまで遅いとは思わないから度肝抜く。

前述の通り始動要員の可能性もあるシャンデラに強いのも○。

 

最遅ガルド抜かれ調整を崩す

特に叩き落とすとイカサマ。下から通るか上から通るか。でかなりダメージが変わってくる。

はたき落とすは上からならダメージも少なく、パワーレンズが落とされて次のターンは上から2撃目を浴びせられる。

 

❺黒い鉄球と違い、叩き落とすやお見通しでバれた場合でも持ち物ミスとして誤魔化せるので型バレし難い。寧ろCに割いた個体だというミスリードを招ける。

 

ジャイロボールのメリット

❶威力が高く、耐久振りでも十分な火力が出る相手には出る

ex)コケコ、ジャローダゲッコウガ

そしてZ技と違い何回でも撃てるのも強み。身代わりに怯える必要もない。

ただし鈍足相手には火力が出ないのでその場合シャドボに頼ることに。そのため保険と比べると亜ベトンに非常に弱い。

 

霊技交換読みノーマルへの打点

目の前の相手にもノーマルタイプにも通る高火力技。

例えばテテフ+ガルーラのような並びに一貫する。Sがある程度早い相手には等倍でも無振り聖剣よりダメージが入る。

f:id:girahim3:20170912050818p:plainメガガルは余程HAに振り切らない限り二発圏内

f:id:girahim3:20170912051058p:plainB4ミミロップ確定1(100.7%〜)※威力149

f:id:girahim3:20170912051225p:plainH4ピジョットは高乱数1(94.3〜111.3%)乱数1(68.8%)

 

最後に

ダメ計ばっかりで申し訳ない…

自信のある調整の面白ポケモンなので良かったら使ってみてほしい。

せめてガルドの耐久振り、これだけは試してほしいなあ

おわり

MPブレイカージャローダ【Zミラーコート】

f:id:girahim3:20170908003438j:image

ジャローダ@エスパーZ

性格:臆病

164(108)-×-116(4)-112(132)-117(12)-181(252)

リーフストーム/めざめるパワー炎/ミラーコート/身代わり

めざパのタイプはバシャナットを崩せる炎が優先度高い。

 

調整先

C:H4振りミミッキュをC↑2リーフストームで確定1

B<D

S:最速

解説

シーズン5序盤に使用した子。

ミラーコートをZ化して無理矢理エスパー攻撃技を作った(特殊技威力100、優先度0のマキシマムサイブレイカー)。

環境に蔓延るバシャーモや、毒タイプへの打点になる。

威力100はZ技として見れば低い(弱点を突いてようやくZ破壊光線(200)と同じ)が、基となるミラーコート自体も有用な技なのでその点で差別化したい。

Zミラーコート

f:id:girahim3:20170911151214j:image

ノーマルしか技がないと嘆かれるジャローダの稀少な特殊エスパー技

バシャーモフシギバナ、ゲンガーなどへの打点になる。

 

【対バシャーモ

f:id:girahim3:20170911173643p:plain無振りバシャーモへのZミラコ(60.6〜72.2%)

f:id:girahim3:20170911174212p:plain無振りメガバシャーモへのZミラコ(55.4〜65.8%)

C↑2状態ならかなり耐久に割かない限り一撃。リフストへの後出しや1匹持って行ったあとの死に出しには勝てる。悠長な守るに合わせて身代わり貼ってぶっ飛ばして差し上げましょう。

サイコフィールド下ではCが上がっていなくても無振りバシャが中乱数1で飛ぶ。

 

【対フシギバナ

f:id:girahim3:20170911174127p:plainH252メガフシギバナZミラコ(33.1〜39.5%)

C↑4もしくはC↑2サイコフィールドで高乱数1(弱え…)。

 

【対ゲンガー】

f:id:girahim3:20170911173727p:plain無振りメガゲンガーZミラコ(54.8〜65.1%)

C↑2で一撃。そもそもSが負けているので対面や死に出しでは勝てない、交換読みを上手く決める必要がある。ゲンガーに通るのはZ破壊光線にない利点。

以上の通りZ技とは思えないほど全然火力が出ない上、撃つ状況も限定的である。

しかしこれであっても元の技が全然性質が違う技なので腐らないのが特徴。

これは自然の恵美やZ破壊光線にはない点である。

ミラーコート

【対カプ・テテフ

f:id:girahim3:20170911173800p:plain特化テテフのPFサイキネ(79.2〜93.9%)

火力強化アイテム無しなら耐えて突破。

サイコフィールドもこちらが活用できるので美味しい。

 

【対ポリゴン2

f:id:girahim3:20170911173824p:plain特化アナライズポリゴン2冷凍ビーム(79.5〜93.9%)

f:id:girahim3:20170911174004p:plain無振りポリゴン2冷凍ビーム(45.7〜54.2%)

冷凍ビームをミラコで返してリーフストームで突破。用心するなら毒警戒で身代わりから入っても○。

リーフストーム+↑2リーフストームでは届かない。

 

【対ギルガルド

f:id:girahim3:20170911173941p:plain特化ギルガルドシャドーボール(51.8〜62.4%)

身代わりでZシャドーボールを躱して次のシャドーボールミラーコートで返す。

 

(余談だが身代わりはギルガルドバシャーモの他に、ミミッキュ対面でも役に立つ。Zを身代わりで躱すことが出来れば、身代わり+じゃれつく+影打ちを耐えてリーフストーム+↑2リーフストームで確定1。)

あとがき

エスパー打点を持つことでバシャーモ+レヒレ+ナットみたいな並びを大きく崩せるようになり、ミラコを持つことでガルド、ポリ2、テテフに対面で勝ちやすくなった。

ジャローダは元々使用率上位に有利を取れる相手が多いのもあり、かなり対面性能が高いと思う。

簡単なメモ程度の考察だったが魅力が伝わっていると嬉しい。おわり

【オンライン大会】カクレオン1on1要項

f:id:girahim3:20170906153745j:image

カクレオン1on1

主催・運営

t/T(@tTriaak)

まぐなむ。(@m_gn_m)

 

以前からやってみたかった1on1大会を開催したいと思います!!!

今回選んだのはカクレオン

この子は特性の変幻自在や変色、それを支える多彩な技を覚え、1on1でも多様な型と濃密な考察、華やかなバトルが期待できると思いチョイスしました。

ゲッコウガと違い十分な耐久があるのもナイス。

カクレオンはあまりレートで見かけるポケモンではないですが、色んな方と考察を巡らしてこの子の理解を深めつつ、楽しめる場にできたらいいなと思います。

日時

10/8(日) 19:00〜

定員

未定

カクレオン1on1参加者 - Google スプレッドシート

↑参加者一覧

参加条件

Twitterポケモンサンムーンができること

責任持って最後まで参加すること

複垢で参加はNG

参加方法

カクレオン1on1参加申請フォーム

上の参加申請フォームにて入力をお願いします。不明な点があれば運営まで気軽にご連絡を…。

〆切は9月30日の23:59です。

大会の進行

バトルは全てノーマルルールでカクレオン1匹だけを選出して行う

❶ブロックごとに分かれて総当たり戦

❷ブロック代表でトーナメント戦

使用するカクレオンについて

大会中の個体変更は禁止、同じ1匹で挑もう

過去作産も使用可能です。爆裂パンチなり泥かけなりお好きにどうぞ

Z技も使用可能

❷改造はいけません。発覚した場合ポケダンの泥棒並みに袋叩きにします

❸レベルは50でなくても構わない

カクレオン以外のポケモンを使った場合、デボンスコープで殴ります

 

とりあえず以上!順次有用な技、道具、型なんかも追記していきます!

皆様のご参加お待ちしておりますー!

【MBC】t/Tのメタゲーム回顧録《本戦篇》

f:id:girahim3:20170818051157j:plain

こちらは筆者が主催したオンライン大会『マゴバシャ・クラシック(以下MBC)』本戦の考察、振り返り記事になります。

大会参加してない方も是非ご覧あれ。

筆者のパートナーズ

f:id:girahim3:20170820161413j:image

大会のルール

本戦まとめ(見せ合い、選出、BV記録)

予選篇

 

第一段目:とちんグロス

f:id:girahim3:20170818113045j:image

グロス重すぎる!グロス対策しようとすると今度はマンムー重すぎる!そもそもパートナーズ数も負けてるしパーティの完成度も圧倒的に負けてる…

❷もう私のMBCもここで終わりか…とほほ…とボンヤリとちんグロスさんのパートナーズを眺めていると…

❸お相手のパートナーズをヒントにとんでもない突破口を見つけてしまった…!

 

以下個別解説

f:id:girahim3:20170723223559p:plainフェローチェ@拘り鉢巻

陽気 AS

飛び膝蹴り/蜻蛉返り/にどげり/冷凍ビーム

先発から出して全て壊すんだ。今回の主軸。こいつが活躍できなければ負け。

相手のパートナーズへの動きはこちら

f:id:girahim3:20170723223220p:plain:飛び膝蹴り(79.3〜93.5%)→テテフのムンフォ圏内、あとはスカーフムンフォ通して終わり!

f:id:girahim3:20170728012850p:plain:にどげりフェローチェの存在、スカーフテテフを考慮すれば初手に出て来るサザンドラは絶対襷。鉢巻にどげりをもってその行動保証を破壊する。最速スカーフだけはやめて。

f:id:girahim3:20170724040503p:plain:蜻蛉返り。H252振り程度なら飛び膝蹴りで確定一発取れるが、こちらのマンダを考えると物理耐久に厚い可能性が高い。蜻蛉でテテフに引いてスカーフムーンフォース、この場面でグロスに引かれてテテフが倒されてもあとは跳び膝蹴り連打でOK。

f:id:girahim3:20170516011015p:plain:にどげりサザンドラ同様の理由で初手に出てくれば襷確定。襷安全神話を破壊。ステロを撒かせない。

f:id:girahim3:20170723223401p:plain:蜻蛉返り、守られたりするかもしれないが普通冷B警戒で引くはず。陽気襷ステロの岩石封じが辛い。

f:id:girahim3:20170723223559p:plain:最速鉢巻飛び膝蹴りで確定1

こんな感じで1ターン目から試合の流れを全て決めに行く為の鍵。

 

f:id:girahim3:20170723003623p:plainカプ・テテフ@拘りスカーフ
臆病 CS
ムーンフォース/サイコキネシス/シャドーボール/サイコショック
最速フェローチェや準速スカーフサザンを抜ける最速スカーフテテフ。
エスパー技の通りが悪いので基本ムーンフォースしか撃たないつもりで考える。グロスさえ排除すればムンフォの通りはかなり良い。

蜻蛉返りからテテフに引いてフェローチェ再展開という流れならPFでバレパンや氷の礫も防げて相性○。

 

f:id:girahim3:20170723003100p:plainゲンガー@気合の襷

無邪気 CS

シャドーボール/凍える風/エナジーボール/不意打ち

こちらのフェローチェのおかげでステロを撒かれないので、相手のパートナーズ全員に対面で勝ててストッパーになりうるこの子を連れていく。フェローチェの苦手な自由枠ギルガルドキラーにもなる。

六世代で6V個体をツモるのが辛かった、10時間くらいかかった。

  

《試合内容》

お相手のパーティはグライオンが抜けて自由枠カプ・コケコ。襷ステロの可能性もあったグライオンが抜けたのは美味しい。初手のコケコは蜻蛉返りからテテフムーンフォースという流れでいけるので、問題ないと考えた。

試合開始。相手の初手はマンムー計画した通りにどげりを撃ってしっかり撃破。

続いて出て来たのはメタグロス。ここはフェローチェは居座ってにどげりでテテフのシャドボ圏内に入れたい。が、3割ほどしか入らず困惑。硬い。アイへでフェローチェは落とされる。

お相手の裏がサザンドラの可能性があること、臆病テテフのシャドボ圏外と判断したことからゲンガーを出す。お相手コケコに交代、シャドーボールが7割ほど入る。次のターン、ワイルドボルトを襷で耐えコケコ撃破。

残るはHP7割ほどのメガグロス。先ほどのにどげりのダメージからして耐久振りは確定、メテノや襷ゲンガーを処理するためにバレパンは絶対搭載されていると思い、「ゲンガーの不意打ちで確実に削ってスカーフテテフのシャドボでフィニッシュ!」と計画を立てる、しかしこれは罠だった。

なんと不意打ちがスカされた。メガグロスはロックカットを選んでいたのだ。これは恐らくバレパンは積んでいない。勝ち確状態から一気に負け確状態まで堕ちてしまった。

しかし10時間の厳選、300匹のゴースの中から選び抜かれた我がゲンガーは一味違った。なんとメガグロスアイアンヘッドを呪われボディで封じ込めたのである!!

ゲンガーの意志を継いだテテフがメガグロスシャドーボールで粉砕。見事勝利運勝ち。

 

今回の反省点は2つ

・ロックカットメガグロスを全く考慮していなかった

考察段階から陽気ASメガグロスしか見えていなかった。型の存在を知っていただけに失念していたのはアウト。

 

・スカーフコケコを全く考慮していなかった

相手のコケコがスカーフ物理型だったのでフェローチェもテテフも上からワンパンされてしまう、今回はたまたまコケコをゲンガーに後出ししてくれたから処理出来たが、本来ゲンガーも凍える風でSが逆転できず勝てない。とちんグロスさんの自由枠が恐ろしく刺さっていた。

 

第2段目:桟敷戦

f:id:girahim3:20170819101758j:image

 ❶技の通りがかなり良い。最初トリルからの勇敢岩Zトドンを考えていたがトリルトドン展開は一度見せているので警戒される、また自由枠の処理が安定しないと考え断念。

メテノ→腹太鼓マリルリを狙う。

 

以下個別解説

f:id:girahim3:20170812091148p:plainメテノ@気合の襷

陽気 AS

岩石封じ/ステルスロック/リフレクター/光の壁

起点作りメテノコアメテノはS120族なので岩石封じ→片壁がほぼ間違いなく通る(準速スカーフコケコも抜ける)

ステロは余裕があれば。

一応マリルリが選出できない場合を想定し積みエースにはボーマンダも用意した。

 

f:id:girahim3:20170824062829p:plainマリルリ@オボンのみ

意地  H52 A252 B4 D92 S108

滝登り/じゃれつく/アクアジェット/腹太鼓

普遍的なオボンマリルリ

アンコール持ち物理受けのヤルキモノには唯一弱いが、今まで桟敷氏はヤルキモノを1回しか見せ合いに持って来ていない為、そこまで信頼していない、今回も自由枠と入れ替えてくると踏んだ。
テッカグヤに上から滝登りが通るようSにそこそこ割いた。

 

f:id:girahim3:20170619031100p:plainゲンガー@ゲンガナイト

臆病 H124 C132 S252

シャドーボール/ヘドロウェーブ/10万ボルト/不意打ち

自由枠パルシェンゲッコウガを強く意識した。スカーフテテフを警戒すればこいつらは襷一択。それを不意打ちで掬い取るという算段。

ヘドロウェーブは自由枠レヒレに少しでもダメージを入れるため。

10万ボルトが搭載されマリルリアクアジェット耐性のある水ポケに強い。

 

 《試合内容》

お相手のパーティが送られてきて衝撃を受ける。自由枠はエンペルトエンペルト草結び冷凍ビームも覚えるのでこちらのパーティぶっ刺さり。マリルリにも強い。しかもヤルキモノいるし。

マリルリを通すのは無理だと判断。メガ同時選出になってしまうが、メテノ+竜舞ボーマンダ+ゲンガーを選出。エンペルトはマンダの地震やゲンガーの10万で押し切る。

試合開始。

お相手の初手はコケコ。これは有情。ゲンガーの10万ボルトの火力を底上げしてくれる為エンペルトの突破が楽になる。お相手ワイルドボルトメテノは襷で耐え岩石封じ。コア状態になりS逆転。次のターン地震を警戒して引いてくる可能性もあるので壁ではなくステロを選択。ステロが通りお相手は蜻蛉返り。これで拘っていないのが判明。メテノが落ちてお相手はエンペルトを繰り出す。

エンペルトはチョッキの可能性もあり非メガゲンガーでは撃ち合いに勝てない。シュカのみでマンダを見れる型の可能性もある。

何れにせよコケコとの同速対決を制さなければ勝てないと判断。苦渋の決断だがゲンガーをメガさせることに。お相手エンペルトを下げゲンガーバック。ステロ+10万ボルトで一撃で飛ばす。

続いてコケコが戻ってくる。メガゲンvsコケコ。恐らくこの同速対決で全てが決まる。勝ったのはゲンガー。そのままEF10万でエンペルトも突破し勝利運勝ち。準決勝進出。

 

準決勝:とーと戦

f:id:girahim3:20170819101943j:image 

❶とーとさんのパートナーズは絵に描いたような対面構築。筆者も普段対面構築を愛用しているので分かるが、これはマトモにぶつかって勝てるパートナーズではない。

積んだメテノやマンダの処理ルートも多数ありパワーで押し切れない。しかし隙を見せるとバシャバトンからのガルーラという王道ルートの殲滅される。か。

❷そこで絡め手で挑む。ミミッキュを起点にできるビビヨンで嵌め殺す。

❸バシャはSの下降での起点作りが難しいのでビビヨンの取り巻きはバシャに強い子で固める。

 

以下個別解説

f:id:girahim3:20170723003315p:plainボーマンダ@気合の襷

無邪気 AS

地震/岩石封じ/火炎放射/怖い顔

世にも珍しい起点作り襷ボーマンダ。火炎放射はビビヨンが勝てない自由枠ハッサムナットレイシュバルゴ対策。

《とーとさんの各パートナーへの動きはこちら》

f:id:girahim3:20170724000903p:plain:怖い顔。最速個体が同速負け冷凍パンチで試合終了。やめて。

f:id:girahim3:20170723003100p:plain:襷の可能性がある点、様子見の身代わりも考えられる点から岩石封じ。

f:id:girahim3:20170413132637p:plain:テテフバック。予想される大抵の動きに対応できる。

f:id:girahim3:20170619031129p:plain:とーとさんは挑発ゲッコウガを信用しているイメージがあったのでビビヨンの脅威になる。岩石封じから入ってしっかり削る。

スカーフゲッコウガの場合は怖い顔を撃つべきだが、筆者が初手にスカーフテテフを今まで一度も置かなかったこと、マンダが一度も竜舞を押していないこと、ゲンガーが殆ど襷持ちだったこと、撃ち分けを重視することから来にくいと考えた(願望)

f:id:girahim3:20170413132513p:plain:岩石封じ。唯一ビビヨンが起点なしで嵌めれる。

呪いを搭載している可能性があるが対面構築では痛み分け型でも無ければ組み込みにくいはず(願望)。一応地震が5割ほど入る。

 

f:id:girahim3:20170815070619p:plainビビヨン@残飯

臆病 H44 B212 S252

暴風/眠り粉/蝶の舞/身代わり

Bに厚く振った最速ビビヨン。陽気ミミッキュの影打ちを身代わりが耐える。

 

f:id:girahim3:20170510033705p:plainカプ・テテフ@エスパーZ

臆病 H236 B132 S140

サイコキネシス/ムーンフォース/挑発/スキルスワップ

筆者が最近注目しているスキスワZ(S上昇)テテフバシャーモにかなり強い。お相手のパートナーズはガルーラ、ゲッコウガバシャーモ、メガゲンと凶悪な特性を持つ子が多いのでそれを頂く。加速を頂ければスカーフゲッコウガの上も取れる。サイコフィールド再展開にも使えたり。挑発は主にバシャバトン対策。

 

《試合内容》

お相手の自由枠はクレセリア。マンダを受ける為の物理受け、ガルクレセ軸だろうか…問題ない。嵌められない相手ではない。

試合開始。お相手初手はゲンガー。マンダの岩石封じを確認するやクレセリアに引き悪寒がした。まさかこれは瞑想身代わりクレセ…!?そして悪寒は的中。身代わり残飯を確認しこれは長い戦いになると悟る。

そんな中テテフが挑発でクレセの展開を止める、ゲンガーを交換読みサイキネで飛ばす、ミミッキュを剣の舞読み無フィールドZサイキネで飛ばすの大活躍。取り巻きの癖に2タテする。

ビビヨンクレセリアの一騎打ちまで持ち込んだ。順調に嵌めて行ったように思えたがトラブル発生。舞ったはずなのに身代わりが壊れない。このクレセ滅茶苦茶Dに厚い。そして長い積み合いと催眠の末クレセが撃った技、それはまさかのサイコショック完敗。

 クレセリア、穏やかHD、残飯、サイコショック、身代わり…どれか一つでも欠けていれば勝機は十分にあった…これを自由枠に持って来れたとーとさんに天晴れ。そしてクレセと対面する前に積める展開に持っていかなければならなかったのも反省点。

 

あとがき

その後エキシビジョンで3位決定戦を@ありすさんと行い負け、筆者は準決勝敗退の4位。

1位がいとーさん、2位がとーとさん、3位が@ありすさんという結果になり、自分より上の順位の方には全員直接負けているので満足できる結果となった。

思えば予選、敗者復活戦、本戦、3位決定戦と合計8試合もしてる(大会参加者内最多)。どの試合も白熱したメタゲームができて本当に楽しかった(主催の癖に恵まれてるなあ…)

ここから主催・運営として。

この大会がスムーズに何のトラブルもなく行えたのは参加者全員のモラルある行動あってこそであり、そもそも参加希望者の数は丁度だったから1人でも欠けたら開催すらできなかった…。

慣れない運営の中、皆様の協力は本当に支えになりました。

23名に改めて感謝を伝えたいと思います、ありがとうございました!!!

【MBC】t/Tのメタゲーム回顧録《予選篇》

f:id:girahim3:20170818071825j:plain

こちらは筆者が主催したオンライン大会「マゴバシャ・クラシック(※以下MBC)」予選の考察、振り返り記事になります。

大会参加してない方も是非ご覧あれ。

予選は「4〜9匹のパートナーズを決めて、それを3戦中に全員勝利に導けば本戦進出」というルール。

詳しいルールとかはこちら

パートナーズの意図

f:id:girahim3:20170818043550j:image

⓪パートナーズ数

5匹。

3戦3勝を求められる7〜9匹は大変。激しいメタ張りが予想される4匹も厳しい。残るは5と6匹だが、自由枠を使って柔軟に戦いたかったので5匹に。

メテノf:id:girahim3:20170802230933p:plainf:id:girahim3:20170812091148p:plainf:id:girahim3:20170819074430p:plainf:id:girahim3:20170728005337p:plainf:id:girahim3:20170724041114p:plainf:id:girahim3:20170819074608p:plainf:id:girahim3:20170731030210p:plain

今パートナーズの肝。こいつを七色に変化させて勝ちたい。

からをやぶるでの積みエースとしては物理特殊が選べて技範囲も広い。

他にも壁貼り、毒守、物理受け、ステロでの起点作りとかなり器用。特性リミットシールドで状態異常にならないので絡め手やガッサの対策にもなる。

また今大会はリザードンバシャーモ、ゲンガー、ボーマンダが多いと予想し、これに強いメテノも刺さると踏んだ。

カプ・テテフf:id:girahim3:20170723003623p:plain

強力な選出圧力を持つポケモンを一匹入れたかったのでこいつ。このポケモンがいれば初手スカーフテテフで終わるポケモンを相手は絶対連れて来れない。

サイコフィールドはからやぶメテノとの相性も良い。

トリトドンf:id:girahim3:20170802231018p:plainf:id:girahim3:20170724041205p:plain

電気無効枠。主催なので対戦相手がめざ草とか厳選してくれればメタゲーム大会として盛り上がると思い、水地面ポケにした。

雨パにカスタムできるラグラージ、同じく雨エースになり得て筆者が使い慣れたガマゲロゲも良かったが、トリルアシレーヌクチート展開に薄いと気づきトリトドンを選択。

❹ゲンガーf:id:girahim3:20170723003100p:plainf:id:girahim3:20170819074910p:plain

汎用性の塊。技範囲が非常に広く相手に合わせてカスタマイズするこの大会にもってこい。

滅ゲンや重力催眠、状態異常撒き+祟り目の戦術も取れる。

ボーマンダf:id:girahim3:20170723003315p:plainf:id:girahim3:20170501132946p:plain

種族値の暴力枠にしてエース。多様な型がありトドンやメテノでの起点作り→龍舞という単純且つ明確なルートも取れる。

 

このようなパートナーズで予選へ、筆者が配属されたのはアララギブロック↑今回紹介する試合の見せ合いパーティ、選出、BVをまとめています

さて勝負は如何に…

 

第1戦目:いとー戦

f:id:girahim3:20170818043225j:image

初戦の相手はいとーさん。

❶お相手のパートナーズはトリトドンの通りがかなり良い、上さえ取れれば殆どワンパン取れる。

唯一無理なのがテッカグヤ。テテフやメテノマンダにも強くこいつは絶対出てくる。

そこで自由枠はトリトドンのSを爆上げしつつカグヤを牽制できるマゴのみ分身バトンバシャーモ。1戦目に大会名にもなっているマゴバシャを使えるのは嬉しい。電気玉テテフ+マゴバシャーモ+トリトドンの三匹で挑む。

 

以下個別解説

f:id:girahim3:20170723003623p:plainカプ・テテフ@電気玉

図太い H252 B236 D20

サイコキネシス/どくどく/なげつける/守る

HB:カグヤのヘビボンやバシャのZフレドラ耐え

HD:コケコの珠10万も2耐え

麻痺撒き図太いHBテテフ。麻痺の入らないコケコには毒を入れ、バシャのまもみがで嵌め殺す。毒はトドンが倒せない子が自由枠で来た時の対策にもなる(例.ポリゴン2)。

相手のバシャの守るで電気玉投げつけるを防がれると困るので、バシャ対面はこちらも一旦守って様子見。2ターン目に投げつける。S無振りなのでバシャの守るが先に発動し、不発に終わることはない。

 

f:id:girahim3:20170413132637p:plainバシャーモ@マゴのみ

臆病 H252 B52 D20 S180

守る/身代わり/影分身/バトンタッチ

言わずもがなのマゴバシャ。解説は割愛。

《守る採用の理由》

・マンダのハイボの有無を確認

・バシャの膝すかし

・麻痺の入ったマンダに舞われた時でもSを逆転できるように

・テテフの毒々からまもみが

トリトドンは素が遅くSを上げることが最優先

 

f:id:girahim3:20170724041205p:plainトリトドン@ミズZ

控えめ H4 C252 D252

熱湯/冷凍ビーム/自己再生/身代わり

C:Z熱湯で無振りコケコ、H252チョッキマンムー確定1、熱湯で無振りバシャ確定1

HD:特化メガマンダのハイボ2耐え

Z熱湯のアイデアは大会参加者の1人、@ありすさんのミロカロスから頂きました。自由枠に水タイプが来ても火傷がダメージソースになり、いざという時は威力160の一致技にもなる、Z熱湯はバトンにも向いてて良いですわ。

  

《試合内容》

いとーさんの自由枠はミミッキュ。問題ないと思い予定通りバシャバトン展開で。

試合開始。お相手初手はバシャーモ守るを警戒してテテフ守る、この1ターンで全ての決着がついた。なんと相手のバシャーモは剣の舞。全抜きルート警戒で慌ててサイコキネシスを撃つもカグヤにバトンタッチされそのまま殲滅。お相手もバトン展開だったとは…。2週間も準備しておいてそれを想定出来なかった筆者は自らの未熟さを悟るのだった。初戦敗北。

 

第2戦目 KAME戦

f:id:girahim3:20170818070340j:image

2戦目の相手はKAMEさん。既に一敗してしまった筆者は後がないので絶対勝たなければならない。

❶一方KAMEさんは既に3匹のパートナーズを消化している、その為相手の今回の選出は残りのバシャーモ+ラティオス+自由枠である可能性が極めて高い。

❷その為バシャーモラティオスに厚い戦術を取ることに。

自由枠にアシレーヌを採用。ゲンガーのトリックルームからの展開も狙う。基本選出はゲンガー+アシレーヌ+ボーマンダ

 

以下個別解説 

f:id:girahim3:20170723003100p:plainゲンガー@気合の襷

うっかりや A124 C252 S132

シャドーボール/サイコキネシス/不意打ち/トリックルーム

今まで育成した中で最高にイカれてるゲンガー。

シャドボ+不意打ちラティオスを、サイキネ+不意打ちバシャーモを落とせる。初手のラティを落とした後に出てくるバシャは100%守るのでその隙にトリックルーム発動。アシレーヌで畳み掛けて一気にゲームエンドへ。

 

f:id:girahim3:20170529235444p:plainアシレーヌ@弱点保険

控えめ H252 B4 C252

泡沫のアリア/ムーンフォース/アクアジェット/守る

KAMEさんのパートナーズ全員に対面で勝てる弱保アシレーヌ

守るは草Zバシャーモを警戒して採用。ソーラービームは貯め技の性質上Zさえ凌げば脅威ではなくなる。

 

f:id:girahim3:20170501132946p:plainボーマンダ@ボーマンダナイト

陽気 HS(詳しくは忘れた)

恩返し/ドラゴンクロー/龍の舞/身代わり

HD:特化メガバシャのめざ氷耐え

S:最速ラティ抜き

捨て身だと反動でバシャのめざ氷耐え調整が崩れるので恩返し。ドラゴン技の通りがいいのでドラクロ採用(無振りラティ確定1)。逆鱗はハッサムの起点になるのが怖い。

スカーフラティオスも想定されるのでラティには1舞or身代わりを残した状態で対峙したいところ。

 

《試合内容》

相手の初手はまさかの自由枠ギルガルドこれは不意打ちゲンガーが思わぬ場面で生きる形に。ゲンガーでガルドを倒し、2体目のミトムもシャドーボールで5割持っていく(オボン発動)。

続くアシレーヌロトムの放電をトリガーに弱点保険発動、返しのムーンフォースで落とす。

お相手のラストはラティオス。筆者はここでムーンフォースを撃ったが、襷や耐久振りを想定したらマンダのドラクロで落ちないのでアクジェ撃たなきゃいけない場面、紛れもないプレミ。しかしH252振りが幸いしなんとかアシレがラティのサイキネを耐えてムンフォで反撃、見事勝利。危なかった…

ゲンガーとボーマンダをクリア。

 

第3戦目 クルトン

f:id:girahim3:20170818102358j:image

3戦目のお相手は悪統一のクルトンさん。予選を抜けるため絶対に負けられない戦いが続く。

❶お相手のゲッコウガが辛い。残るメテノトリトドンカプ・テテフという選出をするとゲッコウガで終わる。

筆者のパートナーズは純粋に悪技も一貫する。

❸追い込まれた筆者はパートナーズを予選内で使い切ることをあきらめ、自由枠に対悪統一最強兵器を投入する…

 

以下個別解説

f:id:girahim3:20170731030500p:plainコバルオン@風船

意地っ張り H4 A252 B4 D4 S244
インファイト/ストーンエッジ/電光石火/剣の舞

A:インファ+石火でB4ゲッコ確定

HB:↑3でもバルジーナのイカサマ確定3
S:最速ワルビ抜き

自由枠から持ってきただけあり、クルトンさんのパートナーズにかなり刺さってる。正義の心で悪技を吸収。ワルビアルの岩石封じ+地震も耐える物理耐久。これは強い。こいつが剣の舞すれば誰も止められないのではないか…!

 

f:id:girahim3:20170731030210p:plainメテノ@フェアリーZ

控えめ H252 B4 C188 D36 S28

パワージェム/マジカルシャイン/めざめるパワー格闘/殻を破る

HB:陽気メガバンギの雪崩乱数1つ切って耐え
HD:ゲコ特化冷B耐え
S:1破りでスカーフ最速ゲッコウガ抜き

今大会でも飛びっきりの変態型。

一度破れば止まらない悪を滅ぼす圧倒的正義のメテノを育成したかった。C↑2コア状態ならZマジカルシャインでH252メガバンギラスも落ちる。無振りならめざ格闘でも落ちる。一見めざ格闘は不要に見えるが、自由枠にキリキザンが来ると予想していた為、地震を押しのけて採用した。

 

f:id:girahim3:20170723003623p:plainカプ・テテフ@気合の襷 

臆病 CS

ムーンフォース/サイコキネシス/挑発/リフレクター

基本ムーンフォースゴリ押し。バンギラスに対しては挑発とリフレクターでメテノの起点にできるよう仕立てる。

 

《試合内容》

お相手の初手は自由枠マニューラ。スカーフテテフで死ぬポケモンは連れてこれないはずなので襷かチョッキと予想した。最初はコバルオンの対処に手を焼いていたクルトンさんだが、ゲッコウガの神通力でインファイトを受け切ってコバルオンを攻略され一気に形成逆転、テテフも落とされ筆者は残りメテノ一体に。しかしマニューラが氷柱落としを外した隙に殻を破りめざ格闘でワルビアルを、Zマジカルシャインマニューラを撃破、勝利!!

一応マニューラの氷柱落としが当たってもメテノは耐えていたが怯みとか考えたら運勝ち。

メテノカプ・テテフをクリア。

 

敗者復活戦

f:id:girahim3:20170818102808j:image

(衝撃の敗者復活戦有権者2人で、しかも再戦という…)

1回勝ってる相手だし、前回と同じ戦術…という訳にはいかない。KAMEさんも不意打ちゲンガーやアシレーヌは警戒してくるだろうし、こちらはトリトドンを絶対選出しなければならない為、これを上手くパーティに組み込まなければならないからだ。アシレーヌトリトドンなど使うものならエナボラティオスに殲滅されるのがオチだ。

そこで一匹ずつ対面で強くするというコンセプトはそのままに、役者を変えてみた。

❶前回のアシレーヌの役割をトリトドンで代用する。しかしアシレーヌと違いトリトドンラティオスエナジーボールやバシャの草Zで容易に落とされてしまう。その為トリックルームでのサポートは必須。

❷前回使ったトリルゲンガーでは不十分。彼はトリルの発動と対面したポケモンの処理を同時にできない。しかしそれを同時にこなせるようなポケモン…自由枠から見つけて来れるだろうか…?

できるポケモンがいました

 

以下個別解説 

f:id:girahim3:20170802231231p:plainドータクン〈耐熱〉@弱点保険

呑気 H244 A228 B36(S0個体)

ジャイロボール/地震/大爆発/トリックルーム

HB:特化ガブリアス地震最高乱数切り耐え

バシャの炎技やラティのシャドボを耐えて弱保発動。トリックルームでSを反転し上から↑2地震でバシャを、↑2ジャイロでラティを一撃。トリックルームトリトドンの足も確保出来て非常に都合が良い。トリルターン温存の為に大爆発もできる。

 

f:id:girahim3:20170802231018p:plainトリトドン@コオリZ

控えめ H148 B76 C252 D28

大地の力/冷凍ビーム/めざめるパワー炎/守る
HB:メガバシャ膝耐え

C:大地の力でバシャ確定1、氷Z冷凍ビームでラティオス確定1

HD:特化バシャのZソラビ守る漏れ+大文字確定耐え

水技は前回アシレーヌ使っただけあり対策される可能性があるので大地の力。KAMEさんが信頼しているであろうハッサムを警戒しめざ炎持ち。

守るの理由は前回のアシレーヌと同じ。

 

f:id:girahim3:20170723003623p:plainカプ・テテフ@気合の襷
控えめ CS
サイコキネシス/ムーンフォース/シャドーボール/めざめるパワー炎

ラティバシャのみならず前回の自由枠ギルガルドにも勝てる襷テテフ。トドンと同じくめざ炎も仕込んだ。

 

f:id:girahim3:20170501132946p:plainボーマンダ@ボーマンダナイト

陽気 HS

すてみタックル/鉄壁/龍の舞/羽休め

HD:特化バシャのめざ氷耐え

S:最速ラティ抜き

自由枠でミミッキュドリュウズが来た際にそれらを起点にできる鉄壁マンダ。

 

《試合内容》 

お相手の自由枠がドリュウズだったので先発ボーマンダ

試合開始。KAMEさんの初手はバシャーモめざ氷も一発は耐えるので相打ち覚悟で捨て身タックルで突っ込んだところ、なんとバシャーモは守っていなかった!強烈なアドバンテージを得る。

そのままドータクンでスカガブとラティオスのHP9割を持って行き最後はトリトドン氷Zでゲームエンド。

本戦出場じゃい!!

 

こうして筆者は奇跡的に本戦への切符を手にしたのであった。

本戦篇へ続く…