読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t/Tのパワフルハーブティー

使ってみたいワンダーなポケモンを。twitterは@tTriaak

【S2後期使用】砂ワンダールーム構築 †黒雷の砂漠の白き姫†

f:id:girahim3:20170319062642p:plain

f:id:girahim3:20170320035627p:plainf:id:girahim3:20170320035813p:plainf:id:girahim3:20170320035823p:plainf:id:girahim3:20170320035858p:plainf:id:girahim3:20170320040000p:plainf:id:girahim3:20170320040102p:plain

ウツロイド@弱点保険

カプ・コケコ@カプZ

デンジュモク@突撃チョッキ

カバルドン@タラプのみ

リザードン@リザードナイトX

ゴチルゼル@風船

 f:id:girahim3:20170320040537j:image

 f:id:girahim3:20170320040624j:image

シーズン2のサブロムで使用した構築になります。

最高レートは1917と自慢できるものではないですが、ワンダールームを使った構築の中では自己最高を達成したのでここに記そうかと思います。

ワンダールームという技が極めてマイナーであり、その仕様を知らない人が殆どだと思うので少し長々と説明してしまうかもしれませんがご容赦ください><

過去作の教え技や準伝は未使用ですので、サンムーンから始めた方でも作れる構築です。

 

ワンダールームとは(簡潔に)

 f:id:girahim3:20170320044636j:image

筆者が第六世代から最も愛してやまない技であり、筆者のメインROMにおける1ヶ月のID厳選の原因はこの技である。

この技を活用したPTでレート2000を達成することこそ我がポケモントレーナーとしての最大の目標である。

 

第五世代から登場したトリルの親戚みたいなやつ。5ターンの間場に出ているポケモンBDの能力値を入れ替える。優先度は0。

 

ここで言うBDの能力値とは

実数値

突撃チョッキの特防補正

岩タイプの砂嵐の特防補正

・ふしぎなウロコの防御補正

 

であり、ランク補正や壁のダメージ軽減は入れ替わらない。

 

この技について語りたいことは星の数ほどあるのだが、それは後日別の記事に纏めるとして、今回は以下のバトルビデオでその効果を確認して頂きたい。

 

ウツロイドの高いD(1.5倍の砂補正込み)Bに回しテッカグヤのヘビーボンバーを二耐えする。

ウツロイドに対して出てきた特殊受けテッカグヤ(恐らくチョッキ)のBとDを入れ替え、低くなったDに↑2パワージェム2発でキッチリ落とす。

❸腕白HBメガリザXのBをDに回し、テテフを起点に竜の舞を積む。

 

壁との違いとして、BDの開き次第では倍以上の耐久になれること攻撃面での活用もできること2ターンかけずともBD両方に影響があることが特徴当然この特徴は利点にも欠点にもなり得るが。

嫁の紹介はこのくらいにしてPT考察に進もう

 

PT完成までの経緯

砂×ワンダールーム弱点保険ウツロイドに着目、こいつは砂ワンル下でガブの地震を耐えるくらい硬い。

砂撒き役として物理受けもできてBDの開きをワンダールームに活用できるカバルドンを採用、ワンル下でも活用できるよう調整した為かなり歪な型。

❸砂下のウツロイドがレヒレの特化水Zドロポンを余裕で耐えるほど硬いので、みんなにはバンバン水技を撃ってウツロの弱保発動してほしい><!

そこでわざと水技の通りを良くすることに。カバリザ偽装もできるリザードンを採用。こいつもちょっと変な型。

ウツロイドがスカーフガブ、スカーフテテフ、フシギバナやポリ2の後出しで止まるのでこいつらを捌ける船ゴチルゼルを採用

ここまでウツロイド以外全員黒いことに気づく。なんとなく使ってみたかったデンジュモクと配信されたての色コケコのthe・ブラックを雑に入れる。

f:id:girahim3:20170320165515j:image

変えるならこの2匹ですね…ミミッキュやメガグロス、マンムーが重かったので型破りスカーフドリュウズ、ヤドランなんかが良いかと。

 

個別紹介

f:id:girahim3:20170320183221p:plain

ウツロイド(NN:アールグレイ)

@弱点保険

臆病 H207(180)-×-68(4)-150(20)-158(52)-170(252)

特性:ビーストブースト(S上昇)

技:パワージェム/ヘドロウェーブ/めざめるパワー氷/ワンダールーム

 

調整先

H:16n-1

B:端数

C:H175レヒレにヘドロウェーブで61.7%〜73.1%(オボン持ちの致死率99%&マゴのみ系統は発動しない)

HD:素で臆病テテフのSFサイキネを最高乱数切って耐え

砂ワンル下でBに回った時陽気ガブの地震最高乱数切って耐え

S:最速

 

可愛い。ワンル界に舞い降りた天使見事なまでのBDの開きっぷりに砂補正の乗る岩タイプ、十分な火力と技範囲。発売前解析の種族値ネタバレを見た時はこいつがマイチェンの教え技でワンダールーム覚えたら嬉しいなあなんて思っていたが、まさか自力習得するとは思わなかった。今まで杜撰な扱いを受けてきたワンル界隈へのゲーフリからの贈り物である。

ワンダールームを用い得意な側で弱点を受けて保険発動。1匹倒してSブーストを掛けて全抜きを狙う。

特殊耐久には目を張るものがあり、素でゲッコウガの珠ドロポンを余裕を持って耐える。ヒードランなんかにも強く、保険ウツロの対特殊性能は襷やスカーフより遥かに高いと感じた。

 

 

f:id:girahim3:20170320183044g:plain

カバルドン(NN:河馬獣)

@タラプのみ(特殊技を受けるとD↑1)

呑気 206(180)-144(92)-160(60)-×-114(172)-46

特性:すなおこし

技:地震/氷の牙/鈍い/怠ける

 

調整先

A:↑1氷の牙でB4ガブ確定1

B:特化ガブ逆鱗2耐え

HD:特化ガルドのZシャドボ最高乱数切り耐え

S:最遅

 

変態型その2。ウツロのサポートとして見ればステロを持った型がベストなのだが、アローラマークで揃えたい&ワンダールームを活かしたいという謎の拘りからこのような型になった。

蓄えるだと試行回数稼がれて急所負けするので火力も上がる鈍い推奨。足が遅くガルドの下から地震を撃てる。

タラプのみを持っているのでバンドリマンダに採用されやすい特殊マンダに強くなり、役割破壊されにくい。更にワンル下なら高いBで特殊技を受けることでもタラプが発動し、鈍いも合わせて要塞化が捗る。

 

f:id:girahim3:20170320182904g:plain

リザードン(NN:ザイロフォン)

@リザードナイトX

腕白

メガ前 175(172)-104-124(116)-×-105-148(220)

メガ後 175-150-160-×-105-148

特性:猛火→硬い爪

技:フレアドライブ/ドラゴンダイブ/龍の舞/羽休め

 

調整先

H:16n-1

HB:特化ドリュウズ地震ピッタシ確定耐え

ワンル下でテテフの特化SFサイキネ+フレドラの反動確定耐え

S:準速テテフ抜き

 

変態型その3。ウツロが止まる鋼を見る枠。腕白HBリザXといえば鬼羽がメジャーだが、物理ATがリザバシャばっかで火傷ダメが1/16の現環境には合ってないと考え、竜舞羽休め型を採用。

鋼や物理を起点に積む。ワンル下なら特殊を相手に積む。一致不一致問わず大抵の地震も1発は耐えるので物理ATに対する安定感は中々の物である。

羽は後述のコケコの電磁波と合わせてバグ待ちしたり、ワンルのターン切れまで粘るためにも使う。

ドラゴンダイブを採用した理由としては

❶積まなくてもガブが1発で落とせる

❷羽休めもしたいし逆鱗で固定されるのはちょっとやだ

❸実は20%の怯みがある

❹小さくなるベトンとフワライド死すべし

といった辺り。外しあり怯みありとスリリングな運ゲーを楽しめる技である。

 

f:id:girahim3:20170320230151g:plain

ゴチルゼル(NN:BELSEL)

@風船

穏やか 175(236)-54-115-115-154(76)-110(196)

特性:影踏み

技:サイコショック/瞑想/影分身/眠る

 

調整先

H:16n-1

D:11n 特化テテフのSFサイキネ確定4発

S:後続の黒い霧レヒレ意識で振れるだけ

 

本構築の影分身枠。スカーフ地震とスカーフサイキネ、フシギバナ、ポリ2、クレセリアを取っ捕まえて一気にゲームエンドへ。急所負けが怖いので分身から積んだ方が安定する。

 

 

f:id:girahim3:20170320230039j:plain

カプ・コケコ(NN:卡璞・鳴鳴)

@カプZ

臆病 175(236)-×-132(212)-115-95-173(60)

特性:エレキメイカー

技:ボルトチェンジ/自然の怒り/電磁波/吠える

 

調整先

H:16n-1

B:余り

S:準速メガマンダ抜き

 

変態型その4。レート最終日3日前にこしらえた色違いコケコ。臆病固定のイメージを逆手に取りSを控えて耐久にガッツリ振った。

ガーディアンデアローラと電磁波でウツロイドデンジュモクがブーストしやすい起点を作る。

巷で流行っているらしい分身バシャを咎める為に吠えるを採用している。

 

f:id:girahim3:20170320225810p:plain

デンジュモク(NN:ウロ)

@突撃チョッキ

穏やか 189(244)-×-91-193-132(228)-108(36)

特性:ビーストブースト(C上昇)

技:10万ボルト/マジカルシャイン/エナジーボール/めざめるパワー地面

 

調整先

D:11n 特化テテフのSFサイキネ確定3発

S:無振り85族抜き抜き

 

変態型その5。特防の鬼、穏やかHDチョッキ通常のCSデンジュモクの2.8倍の特殊耐久を誇る。分かりやすい例をあげるとC252メガゲンガーのヘドロ爆弾+毒ダメージ+2倍祟り目を耐えるというキチガイっぷり。ワンル下ではこのDがBに回る。

Cは無振りでも実数値193もあり、ブーストやエレキフィールドも考えれば十分な火力だった。

本構築が地面に弱く、この子を上手く活躍させてあげられなかったのが残念。

 

最後に

ワンダールームPTに興味を持って頂けた方、ご一報ください、現在ワンダールーム界隈は僕1人の限界集落です。一緒に研究して頂ける方を募集しております。

【S2使用構築】マゴのみ影分身バトンバシャと絶望要塞【最高2005】

かげぶんしん 構築記事

 f:id:girahim3:20170303153024p:image

f:id:girahim3:20170306024018p:plainf:id:girahim3:20170306024114p:plainf:id:girahim3:20170306024217p:plainf:id:girahim3:20170306025915p:plainf:id:girahim3:20170306030142p:plainf:id:girahim3:20170306030218p:plain

ジャローダ@襷

バシャーモ@マゴ

テッカグヤ@残飯

カビゴン@フィラ

ヤミラミ@メガ石→ゲンガー@メガ石

ライチュウ@アロライZ

 

 

※3/3にてPTメンバーを更新

  

f:id:girahim3:20170221175543j:image

目標のレート2000を達成でき、他に使いたいPTもあるので少し早いですが構築記事になります。

過去作限定の準伝や教え技を使っていないので、サンムーンから始めた方でもツタージャアチャモの孵化余りを手に入れれば作れるPTです。

 

基本的にはジャローダバシャーモテッカグヤorカビゴンというバトン選出が殆ど。

 

パーティコンセプト

 f:id:girahim3:20170221211007j:image

f:id:girahim3:20170221211022j:plain

f:id:girahim3:20170221211032j:image

f:id:girahim3:20170221211040j:image

 

 パーティ完成までの経緯

化身ボルトロスの減少と電磁波そのものの弱体化、Zクリスタルの追加で持ち物の選択肢が増えたこともありラム持ちが著しく減った

例えば六世代以前ではラムの代名詞的存在であったウルガモスは9匹に1匹、カイリューは10匹に1匹に落ち着き、ゲッコウガに至ってはラム持ちはPGLランキング圏外、1%未満である

この環境でなら電磁波と違い命中も100で据え置きの蛇睨みが安定して刺さると思った

→襷ジャローダで起点作り

 

ファイアローの没落やハイボ勢の不在によって上からの身代わりギミックが通りやすい

ニンフは殆ど見ない、メガサナ未解禁、マンダは大体ボール見ればハイボ持ってるか分かる

しかもZ技は上から身代わりを貼れば全く怖くない

影分身バシャで嵌めるしかない(使命感)

 

万能UBテッカグヤの圧倒的スペックに着目

現環境に毒技地面技が蔓延してることもありバシャからの無償光臨の狙えるバトン先として相応しい

更にやどみがでほぼ全ての相手を嵌められるのが優秀すぎる

テッカグヤ採用

 

ここまで主軸、あとは補完枠

 

テッカグヤは遂行速度が遅く後続から吠える持ちが出てくるだけで崩壊してしまう、また再生力を活用して受け回されるだけでppが切れて負ける

その為もう1匹のバトン先として小手先の対策が通用しないタイプの奴が欲しい

また相手の控えにすり抜けシャンデラや眼鏡アシレーヌがいるとバシャが十分に能力を上げきれずにバトンすることになり負けることが多かった、麻痺らないコケコも然り。

こいつらを中途半端な能力上昇でも起点にできて爆発的火力があって最悪吠えられてもそんなに痛手にならなくて満遍なく起点に出来るほどの安定した耐久があり回避の試行回数を稼ぐ為に出来れば高速再生技が欲しいそんな夢のようなポケモンがいるだろうか…?

 

 

 

f:id:girahim3:20170221171749g:plain

い ま し た

 

→腹太鼓リサイクルフィラカビゴン採用

 

吹き飛ばしのあるカバルドン展開が面倒、滅ゲンが面倒、受けルが面倒、欠伸からのエボルバトンエーフィが面倒

メガヤミラミで牽制

→レヒレを強く呼んでしまうためゲンガーに変更

 

❻残った課題が….

・相手に初手バシャーモ出されると麻痺入れてもこちらのバシャが追いつけないから初手バシャを戒めたい

・ジャロに挑発撃たれると厳しくなるので挑発の影響を受けない麻痺撒きが欲しい

・コケコレヒレテテフやアシレーヌを選出から牽制する子が欲しい

 →ライチュウ採用

 

 

 個別解説

f:id:girahim3:20170306030432g:plainf:id:girahim3:20170221025255p:plain

ジャローダ(NN:Jamon) 

@気合の襷

臆病 150-×-115-127(252)-116(4)-181(252)

特性:天邪鬼

リーフストーム/めざめるパワー岩/宿り木の種/蛇睨み

B<D調整

 

メインウェポンで殴るだけで2段階ブーストの掛かる最強のUB。起点作り要員なのに気付いたら3タテできてたりする不思議な子。

先発で出して目の前の相手に蛇睨み→宿り木の種するだけ。それ以上の仕事は求めていないし、むしろ中途半端に倒してしまうと起点作りにならない。交換読みも兼ねて、蛇睨み→宿り木の種→蛇睨みという動きを最も多用した。

よく言われていることだがこの子の1番の強みはバトン展開を阻害してくる吠える持ち、ラグカバスイクンバンギやMFを貼るレヒレ、身代わり貫通してくるアシレーヌに強い点

また電気耐性もあり麻痺の入らない電気タイプに一方的に不利ではなく、特にコケコはマジシャが半分も入らないので居座られないことが多い。大抵蜻蛉かボルチェン読みの蛇睨みが決まる。それでも麻痺が入らない上多様な型があるというのは不安なのであまり選出して欲しくないものだが。

兎も角、麻痺撒きとして圧倒的な安定感があったと思う。

そして麻痺という状態異常が相変わらずブッ壊れ性能で、ポケモンにおいて運勝ちや運負けを引き起こす最も大きな要素である行動順を操作するに留まらず、25%の行動不能を毎ターン相手につきまとわせるという極悪っぷり。身代わりを使う構築のため急所も関係なく、280戦近くして運負けは1回しかなかった(ラス1オニゴーリの守るで回避↑で宿り木避けられて負けた1試合だけ)、それでいてこちらはここぞというタイミングでバグるし避けるし怯むしとやりたい放題。常に運勝ちの手綱を握っているような感覚だった。

 

f:id:girahim3:20170221024854g:plainf:id:girahim3:20170306031031p:plain   f:id:girahim3:20170221025434p:plain

バシャーモ(NN:じびきつばさ)

@マゴの実

図太い 173(140)-×-132(236)-130-90-117(132)

特性:加速

火炎放射/影分身/身代わり/バトンタッチ

調整先

B:11n 特化ミミッキュ珠かげうちのダメージが〜43(身代わり3回貼ったあとでも確定で耐える)

S:麻痺した準速スカガブ抜き抜き

 

第七世代で1番愛着のある子。

前から分身バシャは気になっていて使ってみたかった。

影分身バシャの研究で過去の先駆者様の記事を読み漁っていると、残飯や光の粉を持たせていた方が多かったように感じたが、今世代では必中のZワザの存在から身代わりを置ける回数を重視した方が強いと考えたそこで今作から強化されたフィラのみ系統に着目。HP1/2回復=2回分の身代わりが増えると捉え採用してみた、するとこれが本当にうまく嵌ってくれた。影分身バシャの持ち物はこれが1番だと自信を持って言える。

 

マゴのみが優れているポイント

 ⓪pt内で持ち物の競争率が低く、そもそも被っても同じ効果の物が5種類ある

因みに下降補正箇所から型バレされる恐れがあるので同シリーズでもマゴ以外は非推奨(マゴはSに下降補正が混乱)

 

身代わりの試行回数が2回も増える。

最低でも6ターンの加速が保証されているので、運悪く回避が上げられなくてもSだけはMAXで引き継げる。

因みに残飯の場合身代わり2回分のHPを追加で確保しようと思ったら4回も避ける必要がある。

 

仮に起点作りに失敗しても自分で強引に起点を作れる

例えばコケコのEF10万、メガゲンガーのヘドロ爆弾やメガリザXの逆鱗、メガルカリオ地震やインファ、珠バシャの膝程度なら一発は耐えるので、先制で上記の攻撃を受けても、マゴのみが発動→下から身代わり→次のターンバトンや分身という動きができる。

 

連続攻撃技に強くなる

今作特殊になり採用率の上がった水手裏剣やパルシェンのロックブラストに若干強くなれる。

 

相手にとって想定外の持ち物なので相手の深読みから思わぬ恩恵があったりする

筆者が特に多いと感じたのは残りHPが44(あと身代わり1回でHPが1になる)の場面。相手からすればここで先制技を撃てば身代わり貼れなくなるんじゃないかとか、カバルドンに交代すれば身代わり+砂ダメで勝手に落ちるんじゃないかとか邪なことを考えてしまうのだろう。そういう者たちに"絶マゴ"をお見せした瞬間がこのバシャーモを使っていて最も楽しい。

 

こいつの仕事も簡単。麻痺してる奴の前でひたすら身代わり貼って麻痺バグを待つ。バグったら影分身する、身代わり壊れたらまた貼り直す、その繰り返し、そしてほどよくなったらカグヤかカビゴンにバトンする。

運ゲーだと言われてしまえばその通りだが、6ターンで1回でも麻痺バグが起こる確率は約85%。ウルガモスに大文字を採用するのと変わらない。

更に宿り木が入っていればもっと試行回数は増えるわけで、こうなってくると偶然から必然への昇華となる(⌒,_ゝ⌒)訳である。

辛いのは水の高火力音技持ちのアシレーヌ、黒い霧レヒレにドヒドイデ、吠える吹き飛ばし、呪いミミッキュゲッコウガの水手裏剣。挑発にアンコール。こういったものをどう対処するかというのがバトンptの往年の課題な訳である。

 

f:id:girahim3:20170221025828p:plainf:id:girahim3:20170306023507p:plain

 テッカグヤ(NN:Celesteela)

@残飯

穏やか 201(228)-×-123-127-168(252)-85(28)

特性:ビーストブースト(D上昇)

エアスラッシュ/めざめるパワー地面/宿り木の種/身代わり

調整先

H:201調整(205調整は無理)

D:極振り EFコケコの珠10万を乱数2つ切って耐え

SF臆病テテフのサイキネを身代わりが確定耐え

↑1でEFコケコのZ10万を乱数2つ切って耐え

S:麻痺した最速ガブ抜き

 

絶望要塞その1。

S5段階回避2段階くらいあれば3タテは確実、相手はただひれ伏すしかない。やどみがにエアスラッシュの怯みも重なりまず正攻法での突破は不可能である、まさに要塞。なおオニゴーリやエーフィと異なり毒菱も効かない。そしてヘビーボンバーの存在から天然ピクシーの選出を抑制できる。

だがこの無敵の要塞にも弱点がある、それは朽ち果てるまで無視され続けること。ラッキーとヤドランでクルクル交換され続けるだけでppが枯れて朽ち果てる。悲しいなぁ…

めざ地はGFの影響を受けずppも多いのでブルルドヒドドランのようなサイクルの並びを長い時間を掛けて攻略できる。A個体値が低ければ一致イカサマで身代わりが壊れなくなるのも良きかな。

 

f:id:girahim3:20170221172343g:plainf:id:girahim3:20170221212811p:plain

カビゴン(NN:ハイリターン)

@フィラのみ

腕白 236(4)-149(148)-122(204)-×-138(60)-62(92)

特性:くいしんぼう

捨て身タックル/地震/腹太鼓/リサイクル

調整先

H:2n(腹太鼓でフィラ発動)

A:↑6捨て身でHB特化カバルドン確定1

B:EFコケコのZワイルドボルトを乱数1つ切って耐え

D:余り

S:↑2で最速60族(ガルド、アシレーヌ)抜き

 

絶望要塞その2。

経緯で説明した求める条件を全て満たしてくれているZEUS。フィラリサイクルが驚くほど強く、この技がそこらの高速再生技と違って優れているのは将来的な回復分まで事前に貯蓄できる点である。このコンセプトが非常に分身バトンに向いており、ある種身代わりに近い感覚を覚える。その為一度吠えるでバトンを崩されても麻痺した相手を起点に腹太鼓→リサイクル連打で貯蓄ができるまで受け続け、そのまま3タテという試合が何度かあった。

挑発や吠えるでの対策がしっかり行き届いている1900〜2000帯ではテッカグヤより選出率が高かった。

 

 

f:id:girahim3:20170221171450g:plainf:id:girahim3:20170221212909p:plain

ヤミラミ(NN:勾魂眼)

@ヤミラミナイト

穏やか メガ前 157(252)-×-104(68)-86(4)-118(180)-71(4)

メガ後 157-×-154-106-173-41

特性:悪戯心→マジックミラー

バークアウト/鬼火/瞑想/自己再生

 

ほぼ見せポケ。選出率5%未満。

メガ枠なので左上に置きます。するとあら不思議。カバルドンは吹き飛ばしの無い物理受けしか出てきません

その代わり鬼火警戒でリザXやバシャーモ、妖技をぶち込みにコケコテテフレヒレが初手に来やすくなったのでライチュウが動きやすい。

 

f:id:girahim3:20170221175438p:plainf:id:girahim3:20170221212952p:plain

ライチュウ(NN:マサトシ)

@アロライZ

臆病 137(12)-94-81(84)-135(156)-106(4)-178(252)

特性:サーフテール

10万ボルト/サイコキネシス/ほっぺすりすり/アンコール

調整先

B:特化珠ミミッキュかげうち確定耐え

C:ライトニングサーフライドでH252レヒレ確定1発、サイコキネシスで無振りコケコ確定2発

D:特化テテフシャドボ確定耐え

S:最速

 

最後まで1番悩んだ枠、レボルトだったりマンムーだったりした。

辿り着いたのは最もコケコを見せ合いから牽制できるポケモン。みすみす相手のポケモンを強化してまで選出するほどコケコは刺さっていないと思ってくれるはず。

それでいて苦手とするレヒレやアシレーヌを一撃で葬れる上、ライトニングサーフライドの追加効果が麻痺100%なのでアンコールも合わせて起点作りもできる。

忘れがちだがZ技は守る貫通なので守ってS逆転しようとしてくる初手のバシャやサメハダーはノーダメージで狩れる。

 

まとめ

サンムーンでも2000を達成できたのは嬉しい。バトン構築を使い慣れた人が使えばもっと上も目指せる構築だと確信している。

この構築は考えなければいけないことは少なく、メタのメタを貼る意識さえしっかりしていれば誰でも高い勝率を弾き出せると思うので、興味を持ったならこの記事を参考にして頂けたら幸いである。

 

以上

 

図太いHB風船コータス

f:id:girahim3:20170208133616g:plainこいつ意外と小さい

コータス@風船

図太い H175(236)-×-209(236)-110(36)-90-40

特性:日照り

噴煙/オーバーヒート/めざめるパワー氷/欠伸

 

調整先

H:16n-1

B:11n

特化ガブリアスストーンエッジ0.39%の超低乱数2発(最低乱数2回以外耐え)

C:晴れオーバーヒートでH252カグヤ確定1発(100%〜118.6%)

めざめるパワー氷ガブリアスを97.3%の超高乱数2発

 

解説

S1でミミッキュを流せる枠として育成した子。

火力をコータスとして最低限のラインに抑えつつ、HBにガッツリ振った。S1でメジャーな物理ATを見つつ、欠伸で強引に流れをこちらに引き寄せる。筆者は後ろにポリゴンZを添えて起点にできるようにした。

圧倒的な物理耐久力を誇り、特性でを、風船で地面をカバーしているので、中々の安定感がある。

 

例えば一見不利に見えるギャラドスでさえも

特化メガギャラドス

晴れ滝登り 28.5%〜34.2%

地震 46.8%〜56%

と2回までは攻撃を耐えられるので、後出しからでも欠伸を撃てる。

 

メガマン

陽気A252捨て身

43.4%〜52%(14.1%の乱数2発)

地震

41.1%〜49.1%

で捨て身+地震が6.3%の低乱数なので維持捨て身以外は大抵後出しが効く。

 

後出しがし難いのはドサイドンメガルカリオだが、地震や鋼技のタイミングで出せば何とかなったりならなかったり。

 

物理受けを見る以外にはガルドの下から攻撃できたり、日照りでAキュウコンのオーロラベールを妨害したりも。

 

攻撃技は対ミミッキュを考え、命中100で化けの皮を剥がせて、追加効果で皮の上からでも火傷も狙える噴煙

個体数の多いガブマンダピンポのめざ氷、ガブは襷スカーフとの対面であれば2発耐えられるのでめざ氷+欠伸という動きをすれば交代までケアできる

オーバーヒートはテッカグヤやメタグロスを一撃で葬る為に。Cダウンの隙に積んでくる輩が多いので欠伸が活きる

 

注意

欠伸がメインウェポンと言っても過言ではないので、エレキフィールドミストフィールド、身代わり、蜻蛉ルチェンには何もできない。

 

まとめ

硬い。が、特殊面が脆くナットレイ並に遅いので基本ワンパターンな動きしかできなく扱い辛い印象だった。

対ミミッキュ以上のものを求め過ぎた感はあるので見直しても良いかも。

 

主な被ダメ

ガブリアス

特化逆鱗

37.7%〜44.5%

特化ストーンエッジ

42.2%〜50.2%(0.39%) 

特化Z逆鱗

58.8%〜70.2%

陽気岩石封じ

22.8%〜27.4%

陽気地震

58.2%〜68.5%

 

ミミッキュ

特化珠ミミッキュ↑2シャドクロ

42.8%〜52%

特化ミミッキュ↑2 Zシャドクロ

67.4%〜79.4%

特化ミミッキュ ↑2かげうち

19.4%〜24%

(Zシャドクロ+かげうちが18.8%の乱数)

 

特化フェローチェ飛び膝

41.7%〜49.7%

 

鉢巻GF特化ブルルウドハン

41.1%〜49.1%

 

最速猛火ホノオZガオガエン

育成論 単体考察

f:id:girahim3:20170202131413p:plain

ガオガエン@ホノオZ

陽気 186(124)-150(116)-111(4)-×-112(12)-123(252)

特性:猛火

フレアドライブ/ニトロチャージ/地獄突き/身代わり

 

A:1/4Zフレドラ+フレドラでH252ガルドを落とす=キンシされてもok

B<D

S:最速

 

所謂クソレス。

実は数値だけならサンダー以上の耐久がある。

図鑑完成でガオガエンを埋めるにあたりどうせならちゃんと育成しようと思って作った。

チョッキやガオガエンZも魅力的だったが、威嚇解禁後に作り直すのは避けたかったので猛火を活かせるようにした。

色々とテクニカルな動きができて気に入っている。

 

みががむ的な動き。1発耐えて下から身代わり、猛火発動、次のターンに身代わりを盾にニトロチャージ、S逆転して上から猛火Zフレアドライブ、後続に上から猛火フレアドライブして退場。

猛火ニトロチャージ+猛火ZフレアドライブでHB特化サンダーが落ちるくらいの火力

 

❷通常フレアドライブの反動で自ら猛火圏内に入れる動き。ちょっとリスキーか。

 

❸2ターン音技を封じ込める地獄突きと身代わりのシナジーめざ地のないニンフィアを完封&身代わりやニトチャの起点にできる。同じことができるマニューラと比べ、一回ならハイボに後出しできるのが強み。

 

実戦的かは怪しいが素の泡沫のアリアなら潰せるので、

シレーヌに地獄突き

→音技出せません

→なら海神のシンフォニア喰らえ

→身代わりで透かしてZ消費

って出来たら面白いか。んな上手くいかないと思うけど。

 

❹ニトチャでミミッキュのばけのかわ剥がし&S逆転

 

先程似た数値として例に挙げたサンダーとは別ベクトルに耐性が優秀。エスパー無効でフェアリー等倍、ゴースト半減でフェアリー等倍。

また、いたずらごころが無効な悪タイプの中では草半減フェアリー等倍なのでエルフーンに強い。

 

コケコ、テテフ、ブルル、グロス、カグヤ、ガルド、ミミッキュ、ジバコ、ボルト、ニンフなら大抵対面で勝てる。

 

ガオガエン猛火でも使ってみたいっていう人が参考にしてくれたら幸い。

 

終わり

 

珠めざ飛行デンジュモク

育成論 単体考察

 f:id:girahim3:20170131221133j:image

デンジュモク@命の珠

NN:スカイツリー (凄い気に入ってる)

臆病 158-×-91-225(252)-92(4)-148(252)

特性:ビーストブースト(C上昇)

10万ボルト/めざめるパワー飛行/エナジーボール/蛍火

 

B<D DL対策

 

臆病めざ地を粘っていたら出てきた子。3V固定でめざ飛は最もレア。草格闘や虫格闘の飛行4倍勢ピンポイントで撃てれればと育成した。

ボルトロスライコウと違いエスパー技を覚えないので一応メガフシギバナへの唯一の有効打になる。

 

珠を持たせると痒いところに手が届き

めざめるパワー飛行

D252チョッキマッシブーン 94.5%〜111.5%(68.5%の乱数1)

H252メガヘラクロス 113.9%〜

無振りビリジオン 106.6%〜

H252メガフシギバナ 51.3%〜

↑3めざ飛

HD特化メガフシギバナ 94.6%〜111.2%(68.8%の乱数1)

 

と十分な役割破壊になる。

 

また一回でも蛍火を積めれば10万ボルトでH振りクレセが確定1になるので、ヘラクレセの並びを潰せるのではと期待していた。

 

ところがなんとその1番の仮想敵ヘラクロスのメガストーンがバンク実装後も未解禁のままであることが判明。

 

そもそも珠デンジュ自体相当不器用なポケモンだと感じたので、無理せずしばらくレーティングはお預けすることに。

そこで@おまもりこばんに持ち物を変えたところ四天王周回に役割が持てるようになり、これが上手くハマった。

ハラにめざ飛が刺さり10万ボルトのppを温存できる上、ライチさんの頑丈ゴローニャダイノーズは3,4回ブーストが掛かった状態でもめざ飛が1/4なのでダメージが半分以下しか入らず、煩わしい薬を使われずに2ターンで突破できる

防衛戦で多く当たったジバコイル入りの構築に対しても、一回でもブーストが掛かっていればレベル差補正10万ボルトで確2が取れるので特に不便だとは感じなかった。

紛れもなく最も筆者が第七世代で一緒に戦ったポケモンであり、この子はある意味1番の相棒かもしれない。

 

公式からメガストーンが小出しに解禁されていくことが発表された。

この子がレートで活躍できるとすれば、それはメガヘラクロス解禁直後であろう。溢れかえるカブトムシを駆逐していく勇姿を期待している。

その時まではアローラチャンピオンの用心棒として頑張ってほしい。

 

終わり

レッドカードテテフ+CSメガフーディン

f:id:girahim3:20170131232602j:plain

お久しぶりです

 

筆者がシーズン1レートで使用していたレッカテテフ+CSメガフーディンという並びを簡潔に紹介。

テテフより速い100族以上の奴らが増えているので、バンク解禁された現在はちょっと使い辛くなっていると思うのでそこはご注意。

 

理想的な流れ

 

❶テテフが上から自然の怒り

❷相手殴ってくる

❸レッドカード発動、相手の控えからランダムで登場

❹テテフが上から自然の怒り

❺殴られてテテフ落ち(実はまだ残りSF3ターン)

❻サイコフィールドで火力1.5倍先制技無効のメガフーディンがHP半分の残党2匹ともう一匹を狩って終わり

 

テテフより遅いポケモンが多い構築に刺さる並びであり、テテフーディンを見て出てきやすいギルガルドを特に意識して調整した。

自然の怒り+高いSからのフィールドサイキネの火力のおかげである程度誤魔化しが効くので、戦術としてはこの2匹で完結している。

そのためこの2匹+対面性能の高いポケモンという組み方をオススメしたい。

 

 個別で解説 

 f:id:girahim3:20170130205822j:image

カプ・テテフ@レッドカード

臆病 175(236)-×-95-150-138(20)-161(252)

特性:サイコメイカー

自然の怒り/サイコショック/ムーンフォース/挑発

H:16n-1

D:特化ガルドのシャドボ確定耐え

S:最速

 

NNはレッドカードということで試合中におっぱい触られたドイツの美人審判の名前から。ボールもドイツっぽく拘る意識の高さ。

f:id:girahim3:20170117051944j:image

 

この子の仕事は相手のHPの右半分を持っていくこと。

 

先発で起用してレッカと自然の怒りで掻き乱す。

この自然の怒りという技が非常に強力で、あらゆるポケモンのHPを無条件に50%削るという無慈悲な一貫性を持つ。

そのためレッドカードの交代先が不透明だという乱雑さに左右されることがない。

高速回復技には弱いが、フーディン後投げからアンコールで縛ることで流れをこちらに引き寄せられる。特にポリ2のDLをトレースできると美味しいので積極的に狙っていきたい。

サイコショックハピナスやAD珠マンムー対策、挑発は襷パルシェンの殻破防いだり、中々殴りに来ないやつを触らせて吠えるのような感覚で使ったり。

 

使ってて一番辛いのが相手のPTのSラインが全体的に速い場合。この型は上から行動することを前提としているため、上を取られるポケモンの多い相手への選出は控えたい。

シーズン1ではガルーラやミミッキュの最速個体がそこまで多くなかったのが救いだった。

 

 f:id:girahim3:20170117050559j:image

フーディン@フーディナイト

臆病

メガ前 131(4)-×-65-187(252)-115-189(252)

メガ後 131-×-85-227-125-222(ビーストブーストでC上昇)

特性:マジックガード→トレース

技:サイコキネシス/気合玉/シャドーボール/アンコール 

 

こいつの仕事は相手のHPの左半分を持っていくこと。

 

1舞最速メガギャラや準速スカーフテテフをも抜くSを初速から発揮できる。

そしてCに振って広範囲の技を用意したことにより多くのポケモンを半分以上削ることが可能となった。

例えば…

H252メガハッサム気合玉

48〜57%(89.1%の高乱数2)

H252ギルガルドシャドーボール

49.1%〜58.6%(98%の高乱数2発)

という十分な火力。

SF下であればサイコキネシスメガマンダが中乱数で落ちるほどになる。

 

紙耐久すぎて攻撃を1発でも喰らえば間違いなく死ぬので、とにかくフーディンを通せるように心がけるのが重要。

 

シーズン1は使用可能ポケモンが限られていたため、ビーストブーストやダウンロード、適応力をトレースできる機会が多く相手に助けられることもよくあった印象。またメガギャラの型破りをトレースしてしまえばミミッキュのばけのかわも貫通できたりする。

テテフも多くサイコフィールドのタダ乗りもよくさせて頂いた。

 

反省

シーズンを通してこの並びを使った中で思った欠点は

❶鋼の対処を命中不安の気合玉に頼っている…自然の怒りの命中も90

❷ミミッキュに弱い…唯一自然の怒りが効かない

❸小回りが効かない⬅︎重要

まずテテフがレッドカードを持っているので受け出しをすると相手が自動的に流れてしまう。そのためサイクルが回せない。

フーディンも紙耐久すぎて回せない。

またテテフがHPの左半分を減らしたり、フーディンでHPの右半分を削ったり、ってことが出来ない。

前者はC無振りな為火力が出ず、後者は返しの攻撃で落とされてしまうからである。

 

まとめ

色々と反省点はあるが、使っていて楽しい並びではあった。

テテフの方は他の構築に組み合わせられるスペックはあると思うし、研究していきたい。

【SM】サファリボールの似合うポケモン【オシャボ】

 

f:id:girahim3:20170104090014p:plain      f:id:girahim3:20170104090602p:plain 

サファリボールのボールエフェクトっていいですよね。鮮やかな緑の光でポケモンが映えて。解析情報によるとより派手なエフェクトになっているようで楽しみ。

 f:id:girahim3:20170104124209j:imagef:id:girahim3:20170104124216j:imagef:id:girahim3:20170104124224j:image

今作から遺伝の仕様が変わり、♂からもボールと隠れ特性が遺伝できるようになった。また性別不明のポケモンもボールが遺伝するように。

そのためサファリボール入りのポケモン夢特性にしたり、性別不明ポケモンをサファボで孵化厳選したりできるように。あとはリージョンフォルム系統も。

そこでバンク解禁後にサンムーンで可能になるサファリボールの似合いそうな注目ポケモンをチョイスしてみた。

(色ハッサムボーマンダ、ラッキーガルーラカイリキーやカバルドンのようなORAS以前でも作れる子は割愛。)

 

f:id:girahim3:20170104093638j:plain

ライチュウ

筆者が第七世代で一番最初に国際孵化してみたい子。緑のエフェクトから出てくることで幼いころエメラルドで波乗りライチュウを相棒にしていた思い出が蘇る。通常ライチュウは避雷針との両立ができるように。 

 

f:id:girahim3:20170108192442j:plainf:id:girahim3:20170108192456j:plain

亜ガラガラ

個人的に通常色の方が似合う。

 

f:id:girahim3:20170104095009j:plain

亜ナッシー

収穫との両立可能に。

 f:id:girahim3:20170108192305g:plain

キングラー

こちらも夢特性ちからづくとの両立が可能に。シザリガーも適応力と両立できる。

 

 f:id:girahim3:20170108194914g:plain

色ピクシー

夢特性天然でも両立可能に。ボールを見ただけでマジガがバレることもなくなった。

 

f:id:girahim3:20170108194010g:plain

ニョロボン

夢特性すいすいと両立可能に

 

f:id:girahim3:20170108194723g:plain

ケンタロス

♂しかいないので今までボール遺伝ができなかったが晴れてオシャボデビュー

 

f:id:girahim3:20170108192409g:plain

カイリュー

夢特性マルチスケイルとの両立が可能になった。残念色違いとは言わせない。

 

f:id:girahim3:20170108194302g:plainf:id:girahim3:20170104091651g:plain

(色)キノガッサ

夢特性テクニシャンと両立可能に

 

f:id:girahim3:20170108193725g:plain f:id:girahim3:20170108193629g:plain

 ロズレイド

こちらも夢特性テクニシャンと両立可能に。王冠のおかげでテクニ神通力めざ炎も楽になりますね。

 

f:id:girahim3:20170104091507g:plain

ドータクン

ボール遺伝ができるようになったのでオシャボデビュー。1番サファボが似合いそうな濁った緑色。

 

f:id:girahim3:20170108192655g:plain

ガブリアス

主人公。鮫肌との両立が可能に。思考停止ダイボガブリアスが減ってくれれば嬉しい

 

f:id:girahim3:20170108194513g:plain

モジャンボ

夢特性再生力との両立が可能になった 

 

f:id:girahim3:20170108192829g:plain

グライオン

合うかというと微妙だがポイヒと両立可能に。